【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  栗畑 >  今年のテッポウムシも元気…

今年のテッポウムシも元気…

去年に引き続いて、栗畑ではテッポウムシ被害に悩まされています。
栗の幹に卵を産んでは、孵った幼虫に幹を食い荒らされるテッポウムシ。
カミキリムシのことらしいですが、幼虫のことは俗にテッポウムシと呼ばれることも多いとか。
なんでだろう?
掘った穴が鉄砲の筒みたいに丸く長く伸びるからでしょうか。
はたまた、鉄砲玉のように、弾道を残しながら前に進んでいくからでしょうか。

当園では、テッポウムシが掘った穴を見つけたら、木酢液に浸した綿をつめています。
殺菌効果もあるのと、それからそうすることでテッポウムシが窒息するらしいのですが、

最近、農園では、発見されるテッポウムシの穴が多すぎて
駆除できていないんじゃないか…??
もしやこいつら、むしろ木酢液が好きなんじゃあ…??
などなど、疑惑が持ち上がってきているそうな。

それは困った。
以前は、テッポウムシの駆除はクレゾールという消毒薬を使っていたそうなんですが、
薬は使いたくないし、でもテッポウムシで木が弱ったらどうしようもないし。
ピレトリン(除虫菊乳剤)だったら、自然由来の成分だし、使ってもいいんじゃないか、とか、
うーんでもそうしたら無農薬じゃなくなってしまうのかなあ…!とか、

とにかく、周りに相談出来る人がいないので、
無農薬で栗栽培をされている方をネットで探して、問い合わせしてみることに。

くまもと有機農産」様
TonyFarm様」

藁にもすがる思いで、突然不躾なメールを送ってしまったにもかかわらず、
すぐに親切なお返事をいただきました。
本当に感激しました。ありがとうございました!

お話によると、やはり、直接幼虫を幹から出して駆虫する方法が一番確実なよう。
あとは、カミキリムシが卵をうみつけないよう、木酢液を木の幹に塗る方法もあるようです。
うーん、わかってはいたけど、やっぱり地道に取るしかないというか、
ある程度は被害を受けるのも仕方ないんだろうなあ。

それから、重要なのが、やはり木の手入れをしっかりして(肥料とか剪定とか)、
木そのものの生命力を強くすることみたいですね、やっぱり。
樹勢の強い木ではテッポウムシも発育できないとか。
ひょろひょろと伸びた細い木ではなく、低く太くしたてていくことが大事みたいです。

当面、テッポウムシ対策は、これまで同様に木酢液で浸した綿を詰めるのと、
近々、木の幹に木酢液を塗ってみよう、という話になっています。

被害にあっている「上の畑」の木はまだ若木。
もっと幹が太く大きくなれば、多少のテッポウムシ被害なんてどうってことなくなるはず、
あと少し成長するまで、頑張ってほしいです。

最後は、先日、その「上の畑」の梳き込みをしたときの様子です。

作業途中↓
上の畑耕し1_2

作業後↓
上の畑耕し2_2

緑と茶色の対比がきれいですね。
この写真は少し前のものなので、まだ雑草とか栗の木の緑もさわやかですが、
もう今頃は、さわやかを通り越してぎらぎらした、濃い緑になっているはず。
まだまだ雑草対策も続きますので、またリポートできると思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/19 11:26 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)