FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  栗雑記 >  氷温貯蔵のゆくえ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

氷温貯蔵のゆくえ

栗を美味しい状態でできるだけ長く保存したい、
できたら正月くらいに、皆様のもとにお届けしたい!
(※注:栗のシーズンは熊本では10月頭までです)

 …と、いう野望をもって半年くらい。
「氷温保存」というキーワードに出会い、氷温なら長期の保存ができるかも…!と、ゼロ度での保存が出来る冷蔵庫を購入した、という記事を書いたのが、去年の夏くらいです。
(記事はこちらです)

その氷温保存、今年、余った栗を使って試してみました。

P1020249_2.jpg

とにかく、乾燥させてはダメとのこと。
どうしたら適度に湿度を保って氷温で保存できるのか、今回はとりあえず、オガクズに栗を埋め、周囲に適当に水を入れて保存してみることにしました。

2014年の正月。
取り出してきた栗を、茹でて割ってみました。

P1020252_2.jpg

P1020251_2.jpg

結論から申しますと、10月あたまからこっち、2か月半ほど氷温で保存した栗は、問題なく食べられました。
中には傷んでいる栗ももちろんありましたが、食べられる栗のほうが圧倒的に多く、
氷温保存で言われている「甘くなる」効果も、あるように思いました。

ただし、
保存する「場所」が、問題でした…!

今回は、オガクズに水分を含ませて保存しましたが、
オガクズのにおいがうつってしまうんです。

オガクズは、だいたいが針葉樹、スギなどの木の粉です。
スギなど針葉樹は、どうしても独特の匂いが強いので、
その匂いが栗にうつってしまって、せっかくの栗の風味が台無しになってしまったのでした。。。

うーん、どうしたらいいんだろう。

どうしたら、においをうつすことなく、栗を保存できるのか。
栗をそのまま氷温冷蔵庫に入れてしまうと、ものすごく乾燥してしまい、スカスカになってしまいます。
正月に食べるどころではなくなってしまうので、オガクズを使って保湿できたこどが、今回、栗を正月にも食べられた大きな要因ではあったのですが、
ただ、針葉樹のオガクズではどうしてもにおいがきついので、栗ににおいがうつってしまう。
針葉樹のオガクズを使うことなく、適度な保湿をしたい…!

それには、いくつか改善案があって、
・広葉樹(栗ならベスト)のオガクズを使う
 →入手困難…!家で栗の木を切るときの栗オガクズを集める、というのは一つの案だが、なんにせよ手間がかかる
・別のものを使って保湿する→綿とか??

など、いろいろ考えている最中でございます。
また、新しい方法を試してみたら、またご報告しますね。
今年もまた、いろいろ試してみて、熟成栗を販売できるよう邁進していきたいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/26 00:53 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。