FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  栗雑記 >  イガ栗と虫攻防

イガ栗と虫攻防

前の記事にも書きました、栗を包んでいるイガですが
やっぱりあれは、栗を害虫や害獣から守るための
進化の結果なんだろうな、と思うと

それにしても徹底的に守ってるよね…!

と、感激してしまいます。
それくらい守りは固いです。

イガの棘は鋭利で痛いし、
栗自身の皮もすごく固い。
そうそう生半可なことでは破れません。

それに比べたら、桃とか、マンゴーとか
あんなのいちころだよね…!と、常々思います。
ああいうデリケートなフルーツの栽培はまた、一段と大変なんでしょうね…。



しかし、それでも、
栗を食べる虫はけっこう多いです。

なんというか、想像なんですけど
イガの棘は、イノシシとか、ああいう獣は寄せ付けないような気がするけど
(実際、イノシシに食べられているところは見たことがない)

小さい虫だと、棘の合間をぬって
すぐ入り込めちゃうんじゃあ…?

みたいな感じの、小さい虫ですね。
この小さい体のどこにこんな力があるのか、
針の穴くらいの小さな穴を開けて栗の中に入り込む。

虫の名前はよくわからず。
調べたら、クリシキゾウリムシ?
モモノコマダラノメイガ?
などの名前が出てきましたが…よくわからん。どっちもかな。
また収穫時期になって、いい写真が撮れたら載せようかと思っています。
(あまり見たいものでもないかもですが…)

(関係ないですが、ぐぐったら栗の害虫の写真が大量に出てきて
 懐かしくも気持ち悪かった…)

この小さな虫の被害が一番大きいです。
イガが、木の上にある間に開いちゃったりすると、ほぼやられますねー。
あとは、イガが落ちてから、しばらく拾わずに放置してしまった場合。

やっぱり栗の収穫は、とくに無農薬だと
ちょこちょこ畑に行って、
イガが落ちた瞬間すかさず拾う!くらいの
機動力が求められるのかもしれません。
(いえ実際には落ちた瞬間拾うなんてことは滅多にありませんが)

あとは、木の上を眺めて、もう熟しているように見えるものは
竹とかで叩いて落とすのもよくやります。
こうするとキレイなことが多いね。



あとは、意外なんですが
コオロギにけっこう食べられます。

ほんとに、あの体でどうやってこれだけ齧ったんだ…!
ってくらい、おっきな穴が栗に開きます。
そして、見たこともないようなつやつやと栄養の良さそうなコオロギが畑にたくさん居ます。

まあね、栗おいしいし
食べたくなる気持ちもわかるけどね…!
とか、思いつつ、…でもあんまり食べられると収穫がなくなってしまうし。

いつも収穫の時期は、そういう虫たちと
どっちが先に栗を取るか競争しているような気分になります。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/08/13 00:00 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)