FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  栗雑記 >  栗の種類:何が植えられている?

栗の種類:何が植えられている?

オガタマ栗農園の三枚の畑には、どんな種類の栗が植わっているのか、
父に確認してみました。

メインに植わっているものは、

筑波(つくば、9月下旬に熟す中生種)
銀寄(ぎんよせ、9月下旬に熟す中生種)
丹沢(たんざわ、8月下旬に熟す早生種)
利平(りへい、9月下旬に熟す中生種)

の、四種類だそうな。

今回、熟す時期など参考にしたページにリンク張らせてもらいますね~~

栗を楽しむ豆知識」様
果物ナビ」様


ただし、どこに何が植わっているかは正直よくわかりません。

特徴のある栗ならわかるんですが…
プロ級になってきたら、実を見るだけでわかるんでしょうけど、
特に筑波と銀寄は、落ちる時期がほぼ同じっていうのもあって
味も見た目もそんなに変わらない(ように思える)から、よくわからないです。

他にも、イガの形がちょっと変わっていたり
これ、なんかちょっと違う種類かも…?と思ってしまう木も何本かあるんですが、
それに関しては、父よりもっと前の世代に植えられたものなので
それもよくわからないそうです。

なので、お届けする栗に関しては
「熊本産栗ブレンド:おもに筑波と銀寄」ということで、お届けいたしますので、
味はどれも美味しいですから、よろしくお願い致します!



さて、上に書いた四種類のうち、
「丹沢」と「利平」は、すぐに見わけがつきます。
理由は、「丹沢」は早生種で、早く落ちるため、
「利平」は、イガの形や栗の形にはっきり特徴があるためです。

丹沢は8月末、そろそろ落ち始める頃合い。
そんなに木の本数が多くはないので、収穫量も多くないのですけど、
非常に味が美味しくて、毎年楽しみにしています。
今年はどれくらい採れるかな?
またリポートするのが待ち遠しい。

それから「利平」は、けっこう有名な栗ですよね。
美味しくて、大きくて、生産量が少ない…。
その通りです。美味しいし、大きいけど、
これほどいろいろ弱点の多い(ぜんぜん採れない)栗もないよな~。(正直な感想)

当園の商品になっていることもあり、また記事書こうと思っています~!

さて、今日の最後は、弟から送られてきましたイガの写真。
SN3V0007.jpg

緑と茶色のツートンカラーになってますねー!
これは、残念ながら実の入っていない、イガだけのものが、落ちて変色しているんですが
栗って何故か、こんな風に、二つとか四つとかにキレイに区切って色が変わるんですよ。不思議。
またいい写真貰ったらアップしますね~
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/08/16 00:00 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)