【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  栗畑 >  栗畑の手入れ:草刈りやらテッポウムシやら

栗畑の手入れ:草刈りやらテッポウムシやら

最近めっきり暑いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか??
栗畑でも、夏場の手入れが続いています。

夏場はほんとに、暑くて環境は過酷だし、やることは地味だしで、大変だと思うのですが、
毎年毎年、もくもくと作業を続ける家族には頭が下がります、ほんとに。

まずは「下の畑」の草刈りの様子から。
以前の記事で、下の畑には「緑肥植物」を植えていると書いたと思うのですが、
時期がくると自然に枯れるというその植物、今はこんな感じ↓

下畑耕し1

けっこう枯れてますよね。
けど、その隙間から新しく草も生えてる!!
枯れた緑肥植物が地面を覆うことで、できるだけ新しい草が生えないように、っていうのが、コンセプトのひとつなんですが、
なかなかそれを完璧に実行するのは大変そう。。
とりあえず、これだけ地面を塞いでくれただけでもよかったかな、っていうのと、あとはマメ科植物なので、窒素固定で畑の土をよくしてくれるかな、っていうのが、期待ポイントです。



それから、上の畑では、ずーっと続いているテッポウムシ対策。
テッポウムシ(の幼虫)にやられている木の写真を送ってきてくれました。こんな感じです↓

上ムシ駆除4
上ムシ駆除2
上ムシ駆除3

幹の根元がぼこぼこになって、木屑が落ちているのが、テッポウムシがいるサイン。
木酢液を詰めたり、針金を奥まで突っ込んだりして、駆除につとめているらしいのですが、やっぱりいたちごっこというか、永久に駆除は続くようです。。

ただ、テッポウムシの卵を産みつけるカミキリムシは、木の幹、それも下のほうに産むらしいので、
春先に木の幹をガードするのは、それなりの効果があるよう。
また来年、剪定が終わったくらいに、木の幹にネットとかを巻いてみようか、という話になっていました。


栗の実は、順調に大きくなってきています!
写真は上の畑。

上栗の実3

相変わらず、実がなっているのがよくわかりますよね。
今年もたわわに実っています。木そのものも大きくなっているので、このまま収穫を迎えられれば、去年よりもたくさんの収穫が見込めそう。

ただ、怖いのは台風なんですよね…。
最近、また南のほうで台風が発生したもよう、直撃しないことを祈るのみです。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/31 00:27 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)