FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  2016年05月
月別アーカイブ  [ 2016年05月 ] 

栗畑作業と地震状況

熊本地震以降、通行止めが続いていた高速道路も、対面通行ながら通れるようになり、
私の家族も、以前と同じくらいの頻度で熊本の家に向かえるようになりました。
もう今の熊本は、降り注ぐ太陽光の強さがやばく(いい意味でも悪い意味でも)、
草もどんどんのびているので、畑に行って草刈りをしたり、
私の弟は、被害が大きかった場所でボランティアをしたりしているとのことで、
またちょくちょく、その様子もお知らせしていければと思っています。

益城町1

益城町3

父が撮影してきた益城の写真です。
上の写真、建物の下半分が崩れてしまっていますね。。
下の写真は、私がイメージする、城南近辺の家の像だと思います。門があって庭があって、小屋と母屋があって。
家は、全壊こそしていないけど、あちこち壊れて大変な状況。
これを元の通りに、全く生活に問題ないレベルにまで回復するには、ほんとうに大変な時間と労力がかかるんだろうなあ。。。
熊本の皆様は、今必死に生活を再建している状況と思います。少しでも早い復興をお祈りしています。


上の畑2016_1

栗畑の手入れ状況も、写真を送ってもらいました。
上の畑です。去年の台風では何本か倒れてしまいましたが、倒れずに耐えた木たちは
今年もたくましく枝葉を伸ばしています。

上の畑2016_3

上の写真の、ヒゲみたいに伸びているのは、花ですね。まだ花が咲く前の蕾です。
五月末から六月、ちょうど今頃から花が一斉に咲いて、畑が別世界になりますよ。
ブナ科の果樹、ドングリの花もそうなんですが、栗の花も花っぽくないから、今まで意識したことなかったんですけど、
いったん「これが花なんや」と認識すると、ブナ科の木は本当にあちこちにあるから、
今時期は、至るところ花で溢れているのに気付くようになると思います。

オガタマ木


オガタマ花1

最後に、今年も花を咲かせた、オガタマの木。
オガタマの木も、栗の木も、季節に合わせ変化していく様子に、
少しずつでいいから、前に進んでいってほしい、と
被災地に思いを馳せています。






スポンサーサイト



[ 2016/05/27 22:42 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)

地震被害状況

4月末からGWにかけて、家族が熊本に赴き、家や栗畑を確認してきました。
結論から言うと、家の外は問題なし、大丈夫でした。
家の中では、いろいろ物が倒れたりしていましたが
一番被害がひどかったのがここ。

暖炉被害

暖炉の周りの、耐火煉瓦が崩れ落ちていました。
このあたりにはランプとかマグカップとか、インテリアもいろいろ置いてあったんですが、それらも倒れてしまった様子。
あと、写真はないですが、テレビが一台倒れて壊れたらしいです。

冷蔵庫被害

これは小屋に置いてあった、作業用冷蔵庫。
栗の氷温貯蔵に使っているやつですね。
今時期は空っぽになっているというのも影響があったのか、倒れてしまっていました。
でもたぶん壊れてはいないんじゃないか?とのこと。(壊れてたら、栗収穫の時が大変…!)

あとは概ね大丈夫だったようです。
食器棚の中身がぶちまけられていないか心配していたのですが、全く問題なかったとのこと。
何でも、耐震性の食器棚を設置していたとのことで、
あれだけたくさんの食器が無事だったとは、ほんとにすごいです。

周囲の家家も、瓦が落ちてしまった家はたくさんあるそうなのですが、
全壊、半壊の家がぽつぽつと、ただ
壊れていても全壊までは至っていないところがほとんどだったそうです。
どうも、話を聞いていると、「被害がひどい場所」というのが
細かく固まっていて、
例えば、ある一区画はどの家も被害がひどいのに、道一本挟んだ向かい側は大丈夫、
といったような、
なんていうのかなあ、地震の通り道ではないけど、
揺れ方が場所によって微妙に違うような印象がありました。

栗畑のほうは、全く問題なかったそうなのですが、
畑よりも、畑に向かう道が、崩れたブロック塀で埋まっていて
トラックが入れない状況らしい。
何とか隙間を縫って、歩いて畑に行っているそうです。

下の畑地震

この写真は、下の畑の右奥側。
下の畑は、横に家があり、家との境界線が石垣になっていて
(石垣の上に家が建っている)、そこが崩れていないか?と心配だったのですが、
大丈夫だった、と写真が送られてきました。
ただ、この上の家は、けっこうひどい被害があったらしいです。

そして弟曰く「畑は何よりも草がひどくて、早く刈らないと」
という言葉に、そうか、そうだよなあ…と、妙な衝撃を受けました。
当たり前のことなんですが、生活やもろもろは、地震の影響をうけて
停滞してしまっていても、季節はペースを変えることなく巡るんですよね。。
自然相手の仕事は、毎年の仕事量が、季節とともにやってきて、待ってはくれない。
農業に限ったことではないと思うのですけど、
遠くから地震の情報だけを見ている私にはわからない、現場の仕事量と
負担の重み(精神的なものも含めて)を、ほんの一部ではありますが感じました。

最後に、うちの家に貼られた調査票の写真です。

小屋と調査表1

小屋と調査表2

よくテレビでこれの赤色を見ますが、
検査して大丈夫だったうちの家には、緑色のものが貼られています。
これも全部の家を回って作業しているんですよね、そりゃまあそうなんだけど、
ほんとに大変なんだろうなあ…。
少しでも早い復興をお祈りしています。
栗農園も、今年も栗を出荷できるよう、頑張ってまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


[ 2016/05/13 13:14 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)