FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  2013年07月

強力助っ人!FAX注文導入します

去年、初めての栗の産直が終わってから、次のシーズンに向けて、
私たちなりにいろいろと改善点を探してきましたが、そのうちのひとつ、
FAX注文を導入することになりました!


去年はネット注文のみだったのですが、ぽつぽつと、ネット以外でも注文できたらいいな、という声もあり、
ネットは苦手だから、ということで、お電話で注文くださる方もいらっしゃいました。
確かに、パソコンメールを日常的に使わない方など、注文しづらい方もいらっしゃるかなー、
FAXだと、気軽に紙に書いて注文できるもんね、と、
FAX注文を導入してみることになりました。



それまでポンコツでほとんど動いていなかったFAX機を買い変え、準備も万端。
FAX注文用紙も作りました。こんな感じ↓

fax_2.jpg

この画像をクリックして印刷していただくか、PDFファイルをダウンロードしてご利用ください。
ファイル置き場はこちらです。



または、印刷が難しい方などもいらっしゃると思いますので、連絡事項として

・お名前、ご住所、連絡先(電話、FAX、メールのいずれか)
・ご注文の種類と個数(商品は利平栗1kg/2kg、熊本産栗1.5kg/3kgの4種類からお選びください)
・お支払い方法(ゆうちょ送金、銀行振込、代引きのいずれか)
・他、連絡事項

を明記していただき、FAXしていただければ、出来る限り対応いたします!

FAX番号は、092-531-9282 です。
おかけ間違いのないようご注意くださいね。


以下、注意事項になります~。

・FAX注文では、ネット注文に比べ在庫数調整が難しいというところが心配な点です。
 在庫状況により、ご注文をお受けできないことがありますので、ご了承ください。

・注文予約は9月1日からの受付となります。
 それ以前の受付は行っておりませんので、ご注意ください。



FAX導入で注文しやすくなった、という方がいらっしゃれば嬉しいな、
少しずつ進化を続けて行きたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いいたします!





スポンサーサイト



[ 2013/07/24 00:31 ] 栗の産直 | TB(0) | CM(0)

テッポウムシ駆除、その後

以前の記事で、栗の木を食い荒らす害虫「テッポウムシ」の駆除の様子をお伝えしたのですが、
(記事はこちらです)

それから、ブログのアクセス解析を見ていますと、
テッポウムシの駆除関係で、検索して来てくださる方がけっこう多くて、
この話題の関心の高さを実感しました。
たぶん、テッポウムシの被害に困っている方も多いんだろうなあ。。



先日、栗畑に行った両親がテッポウムシの駆除作業をしたとのこと。
いい機会なので、いろいろ聞いてきて、記事にまとめてみているわけなのですが、
一番印象に残ったのは、父の「テッポウムシ駆除には終わりはない」とのお言葉でした。

……なにやら名言チックですな……。
でも特に深い意味を持たせてあるわけではなく、まさに言葉通りに終わりはないってことみたい。

それは何故かというと、「栗の木に寄生したテッポウムシを退治しているから」
言いかえると「テッポウムシが木につかないようにする方法はないから」
もしくは「テッポウムシが木につかないようにする方法(薬)は使っていないから」
ということらしいです。
つまり、農薬を使わないでテッポウムシを駆除するには、どんどん木についてしまうテッポウムシを、ついた順番に駆除していくしかない、ってことみたい。



以前の記事でも書きましたが、テッポウムシは木の幹を食いながら進み、長い穴を作ります。
栗の木、特に若い木には、幹に大きな穴が開いてしまうことがひどいダメージになるので、若木のテッポウムシ寄生にはまめに注意を払い、駆除していきますが、熊本の栗畑界隈では「テッポウムシ駆除は若木のみ」というのが常識のようです。
もちろん、樹齢のいった栗の木にもテッポウムシはつきます。寄生に気付いたときには、木の幹には大きな穴が開いてしまっていることが殆どです。
でも、もう大きく太った木では、テッポウムシの穴が開いていても樹勢には大きく影響しないみたい。
歳を重ねた大きな栗の木の枝を切り落とすと、大抵切り口にはたくさんの大きな穴が開いています。それでも元気に栗の実をつけているんだから、栗の木ってすごいなあ…と思うばかりです。




先日行われたテッポウムシ駆除は、寄生している穴を見つけ出して、木酢液で浸した綿を詰める、というものでした。テッポウムシがいる穴には、オガクズのようなフンがたくさんついているのですぐにわかるそうです。
以前に父が習った駆除の仕方は、木酢液でなく消毒薬のクレゾールを浸す、という方法だったらしいのですけど、農薬は使いたくないので、ということで、木酢液に変更。

しかし…
変更してみたはいいけど、果たして駆除できているのか??
そこはかなり疑問というか不安なところだったのですけど、先日畑を見に行った父の報告では「かなり退治できてる」ということでした。

結局、薬の力というよりは、穴を綿で塞いでテッポウムシを窒息させる、という意味合いが大きいらしいです。
なので、塞ぐものに浸す消毒液が違っても、そこまで影響は出ないものみたい。
やっぱり、木に寄生したテッポウムシを窒息させて駆除する、という方法のため、
新しくテッポウムシが寄生するたびに駆除しないといけないんだって。

いたちごっこ、、、というか、
これも、同じ栗畑を食い扶持とする生き物どうしの在り様なのかなあ、とか、そんなことを考えました。

栗畑の若木は、去年の冬、とても細いし生き延びられるのか??とか思って心配していましたが
今ではとても逞しくなって、葉をいっぱいに茂らせています。
テッポウムシに負けず、すくすく育って立派な実をつけてもらいたいものです。

[ 2013/07/09 01:20 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)