FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  2013年01月

熊本の伝統工芸を訪ねて

オガタマ栗農園ブログをご覧の皆様、こんにちは

寒い日が続きますが、お元気で過ごしておられますか?

私共は今日も農園に行き、畑を耕したりとか何かと作業をこなしてきました。

私の役目は専ら、栗の枝を燃やすこと。

前回も書きましたが、家の薪ストーブの薪木にならない枝を畑で燃やすことです。

思えば栗のシーズンが終わってから私は栗畑でしたことと言えば燃やすことくらいです(笑)

冬になれば日が暮れるのが早いので、どうかしたら夜になっても燃やし続けることもあります。

写真は昨年の栗のシーズン終了直後に撮影したものですが、燃える火と月の光だけが漆黒の夜の中で煌々と輝き続ける光景が何とも印象的です

火2


さて、本日は熊本県は川尻町にある用事のために行ってきました。

ある用事とは何ぞや、ということですが、それは農作業と台所で使う刃物を研いでもらいに行ったのです。

川尻町は刃物で有名な町。

現在でこそ数件しか刃物屋さんはありませんが、最盛期には相当数の工場があったことと思います。

そんな中の一件、お店の中に刃を打つ場所がある林刃物店にお願いして、作業場の写真を撮影させてもらいました(もちろん刃物を研ぐのもお願いしました)。

鍛冶屋2


なかなかに年季の入った作業道具の数々です。

中央の釜の中の温度は、作業中は1300度にも達するそうです。


熊本の伝統工芸品を紹介するHPにはこちらのお店の紹介が出ており、またお店の職人さんがインタビューに応じておられました。

ページはこちらです。「熊本県伝統工芸館

語られる言葉の一言一言に、何とも刃物に対する強い情熱を感じます。

素晴らしいですね!!

現在のお店の職人さんは後を継がれた方だと思いますが、堅物な職人さんにしては話し方もとても丁寧で気さくな方です。

作業場の写真をインターネットに掲載させて頂けませんかとお聞きしたところ、笑いながら答えて下さいました。

なんも珍しかこつぁなかですばってん、よかですよ

意味は分かりますか~?

一段と切れ味を増した道具で、さらに農作業に励みたいと思うことであります。
スポンサーサイト



[ 2013/01/13 23:55 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)

明けましておめでとうございます

オガタマ栗農園のブログをご覧の皆様、こんにちは。

そして明けましておめでとうございます。

私共は年末年始は栗畑でかなりの作業をこなし、その延長か、親戚の所有する雑木林の手入れにまで出かけたりもしました。

この時期の栗畑における作業といえば、ほとんどは栗の木の剪定作業(延びすぎた枝を切る作業)と害虫対策と畑を耕すこと、これの繰り返しです。

もう少し暖かくなってきますと、これに草刈が加わります。

今回は栗の木の剪定を集中的にしまして、だいぶ畑もすっきりとしました。

高い所が苦手な私も三段くらいの小さな脚立に上って枝を切りましたよ。

栗の収穫真っ盛りの時期は、上を見上げても生い茂った葉と栗のイガしか見えないこの畑ですが、剪定を終えたこの時期だけは広い空を仰ぐことができます。

剪定に関するご報告はまたの機会にさせて頂くことにしまして、今回は前回の秋の風物詩の続編、当農園の冬の風物詩をご紹介致しましょう。(前回の記事はこちらです)

それはこちら!

薪ストーブ


薪ストーブです。

燃えているのは本当の炎です。

ご覧の通り、ネコもお気に入りです。

それはいいけど何を唐突に、と思われるかもしれませんが(笑)、実はこれは栗畑と大いに関係があるのです。

薪にしているのは当農園の栗の木です。

栗畑の木を切ったと言いますと、切った枝はどうするのか、と疑問に思われる方もおられるかもしれませんが、小さい枝は畑で燃やしまして、大きめのサイズの枝は家に持ち帰って冬の間の薪ストーブの燃料にするのです。

納屋にはたくさん栗の枝が積み上げられてあります

薪樹


栗の木というのは薪ストーブの燃料として適しています。

正確に言えば、栗の木のような「落葉樹」が燃料に適しております。

理由はいくつかあると思われますが、代表的なものはやはり、針葉樹と異なり油分が少ないということでしょう。

近所に別荘を建てた方が、薪ストーブの燃料として栗の枝がちょうど良いから譲って欲しい、と持ちかけられたことをきっかけに私たちも薪ストーブという物の存在を知るようになり、幸運にも設置することができました。

余談ではありますが、このストーブの頑丈さは尋常ではありません。何しろ重さが200キロもあります。

設置して下さった方曰く、地震で家が倒壊してもこのストーブは生き残るそうです。

いざとなれば金庫としても使えます。

煙は屋根についている煙突から外に出されます。

冬には屋根に上って煙突の掃除をするのが、当農園の独特の冬支度です。

ところで、先の記事で、石垣から見上げる立派な銀杏の木の写真を掲載しました。(記事はこちらです。)

あの銀杏の木は石段から見上げるのも、境内の奥から眺めるのも素晴らしいものですが、この屋根の上の煙突から眺める姿が最も素晴らしいのではないかと思います。が、冒頭にも書きました通り私は高い所が苦手なので、実際に見たことはありません(苦笑)

ちなみに境内の奥から眺めるとこんな感じです。

しょうさん寺


まだまだ、寒い日が続きますね。
でも、冬来たりなば春遠からじ。

当農園がある熊本も寒さの厳しい場所ではありますが、冬も元気に乗り切って、栗畑を一歩も二歩も前進させる意気込みでございます。

今年もオガタマ栗農園をよろしくお願い申し上げます。
[ 2013/01/07 23:01 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)