FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  2012年11月

虫退治と収穫とかあれこれ

栗の収穫が終わった栗畑は、めっきり訪れる回数も減りますが
これからの季節、まず畑に用事があるのは、「虫退治」です。

栗の実に被害をもたらす虫はいくつか知られていますが、
木そのものを喰い荒らす虫も、かなり大きな被害をこうむります。
その虫の駆除は、毎年栗の収穫が終わった後にやるものらしい。

父には「テッポウムシ」という名前を聞いていましたが
調べてみたら、カミキリムシの幼虫のことをそう呼ぶそうな。

こちらのページを参考にさせていただきました!
「昆虫記 なぎさの虫取り網」様

栗の収穫が終わってから、幹をよく確認すると、
木屑で幹にフタをしてあるような場所があって、それが、テッポウムシの幼虫が出しているものらしい。
あちこちのサイトを見ると、木屑を出している段階は、かなり被害が進んでいる状態らしいですが…(汗
でも、それより以前に虫を発見って、そう簡単にできるものなのかなあ…?
よほどよく見ていないと難しそうです。

若いうちは、ダメージが致命傷になってしまうので、
当農園では、上の畑の若木はまめに見て、毎年虫の駆除をしています。
実際、虫にやられた木と、比較的やられなかった木では、成長具合も全然違うし
できればやられたくない虫のひとつ。

先日、虫の駆除をしたときの写真が送られてきました!こちらです↓

IMG_1606_2.jpg

こちらは、木屑のフタを見つけて剥がしたところ。
見事な穴があいています…!
この奥のほうにテッポウムシがいるらしい。

駆除の仕方ですが、教わったのは、消毒液をつけた綿を穴に詰める方法。
そうすると、テッポウムシが窒息して死ぬ、
または、苦しくなって出てきて、綿を食べて死ぬ…の、どちらかで駆除できるらしい。

消毒液は、殺虫剤を使わずに、木酢液に浸した綿をつめました。
うまく駆除できているかな?
もう一度、葉が落ちて剪定するころに確認する予定です。



さて、今回、他に送られてきた写真なんですが
とうとう、畑に植わっていたサトイモを収穫しました!
写真はこちらです↓

IMG_1609_2.jpg

おお、けっこう獲れてる!
半分くらい葉が落ちてしまっていたので、心配していましたが
かなり収穫できて満足。
来年はもう少したくさん植えたいねー、と言っているところです。



それから、近所のお寺(といっても跡地らしく、小さいものなんですが)の
イチョウが紅葉まっさかりだったとのこと!

照山寺_2

ほんとにキレイですねー!
前の記事でも紹介がありましたが、熊本はほんとにイチョウの木が多いです。
熊本城の別名は銀杏城ですし、熊本市の木もイチョウですしね。
個人的にも、イチョウやブナの黄色の紅葉はとても好きです。

実家カエデ_2

この写真は、栗ともイチョウとも全く関係がないんですが
熊本の家に植えられているしだれモミジ。
前の代が、移設したときに枯れてしまったので、去年新しく植えたものなんですが
見るたびに大きくなっているのがわかって、成長早いなあ…!と驚いています。



さて、最後になりましたが、
お知り合いのサイト様に、当園の栗をご紹介いただきました!
ページはこちらです↓
mayu kirari healing

大阪で、アロマやローフードなど、体に嬉しいことを実践なさっているサロン様です。
デザートに当園の栗を使っていただきまして、好評いただいたみたいで
ほんとに嬉しいです。

他にも、当園の栗を使ってお菓子など作っていただきました方、もしよろしければ
写真などお知らせいただけると、大変嬉しいです。
ブログにも掲載させていただけたらと思いますので、ぜひお知らせくださいませ~!



スポンサーサイト



[ 2012/11/28 21:28 ] 栗畑 | TB(1) | CM(0)

栗農園近辺の私的パワースポット

オガタマ栗農園ブログをご覧の皆様、こんにちは

久しぶりに農園がある九州からの更新です

先の記事にも書いておりました通り、今年の収穫も無事に済ませることができました

本当に今年は多くの方々に栗をお届けすることができ、かつてない充実感を感じております

また来年も今年以上に多くの方に、今年以上の良質の栗をお届けすることができるよう、最善を尽くして参りたいと思います

さっそく来期に向けて栗畑のメンテナンスを始めておりますが、そのことは以降の記事でお伝えすることにしまして、ちょっと今回は、この時期ならではの農園付近で見られる風物詩をご紹介致します

それはこちら!!!

いちょう


この木を見上げる誰もが圧倒され、言葉を失います

樹齢ももはや分かりませんが、私の予想では最低でも500年くらいだと思います

晩秋を迎えると地面がこのイチョウの木の葉で埋め尽くされ、この木の葉が全部落ちたら、秋も終わったことを実感します

農園がある熊本の一帯はイチョウの巨木がたくさん見られます

ところで「巨木」とはどこで決まるかご存知ですか?

国の基準でいう巨木とは幹周りで決まります

高さが130センチの地点において幹周りが3メートル以上あれば「巨木」と呼ぶ、と環境省は定めています

このイチョウは余裕で幹周り3メートルあるでしょうから、日本中に誇れるまさに巨木です

熊本はイチョウの巨木が多い所です

加藤清正の石垣で有名な熊本城は別名を銀杏城といいます

大きなイチョウの木が城内にあるのが理由です

もっと言えば、九州は、なぜか知りませんが巨木に恵まれた地域

日本の巨木上位50件のうち実に半数が九州にあります

栄えある1位は鹿児島県の神社にあるそうですよ

そこを訪れた方のブログに書いてありましたが、その巨木は中が空洞になっているそうなのですが、その空洞の広さは、何と8畳だそうです!

想像を絶しますね(笑)

ちなみに巨木と言って多くの方が真っ先に思い浮かべるであろう、屋久島の縄文杉は、意外と12位くらいなんですよね

もちろん上には上がいるのが世の常ではありますが、この農園の近くに立つこのイチョウの木も立派なことでは日本中のどの巨木、銘木にも引けをとりません

次回訪れる11月の末にはもう葉は全部落ちていると思われます。

ということは次にこの木の色付いた姿を見るのは、来年の栗のシーズン終了後です

神の宿るこの大樹に、また豊作の報告ができることを願うことであります

[ 2012/11/18 09:29 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)

2012栗拾い:その3

今年の収穫は、落ち始めは少し遅いかな、という印象だったのですけど
最終的には、収穫が終わったのは例年どおり、10月のはじめでした。

10月6-8の連休が最後のまとまった収穫で、出荷も全部終えて
10/8に、畑の片付け。
私はもうそのときは、熊本から戻っていたので
父と母が片づけをしてくれて、写真も送ってくれました。

なんかこう、写真見たけど
木の上にも下にも栗がない!っていうのが
すごく不思議な感覚でしたねー

上の畑_イガ焼き1_2

↑こちらは上の畑。
遠目に見えるのは、作業中の母です。

中の畑_イガ焼き2_2

↑真ん中の畑です。
ここは基本的に、いつ写真をとっても
もさもさでわかりにくいんですけど、しかしキレイになってますね!
イガとか栗がなくなっているのがよくわかると思います。



栗を拾っている間は、拾っても拾っても落ちてくるので
最後のほうは「早く終われ…」とか思うんですが
こうやって全部なくなってキレイになってみると、不思議なもので
なんだか寂しいですねー。笑

もう収穫から一カ月近く経って、
そろそろ葉も落ちて、剪定の時期になるしで
また来年、たくさん実をつけてもらうために
これからまた頑張っていこうと思っています。

そうですね、来年の目標、というか希望というか、
すごくシンプルなんですけど

もうすこし収穫量があがってほしいなあ。

今年は注文量と収穫量がギリギリ、トントンで
それはそれで丁度良かったんですけど、
来年もう少し注文増えてほしいなあ、とか
野望を現実にするためには

収穫量を増やさねばならない…!

まだ成長途中の木もあるし、
あとは、真ん中の畑の剪定かなあ。
木が大きくなりすぎてる部分がかなりあるので、
それも冬の間にやれたらいいなあと思っています。



それから、収穫を終えてから感じたことなんですが、
当たり前だけど、やっぱり熊本の栗の収穫は早いんですよね。
茨城とか、石川とか、サイトをいろいろ覗いてみると
栗の生産地では、10月下旬までシーズンみたいです。

たぶん、一般的にも、栗は10月ってイメージがあるんだと思うんですが、
収穫が終わってから、検索とかで、うちのブログや通販サイトに来て下さる方がかなり多くて
少し意外というか、驚きました。

なので、ここで宣伝というかお知らせ。

熊本の栗は、10月の頭、遅くとも10日までには終わってしまいますので
もし、興味を持たれた方、いらっしゃいましたら
来年はぜひ、9月中の予約をお願いいたします~~




さて、最後は収穫の合間に撮った写真を並べようと思います。

P1010307_2.jpg

↑栗畑に植えたサトイモ、葉っぱが落ちているものがいくつか…。
無事サトイモになってくれるんでしょうか?収穫はもう少し先です。


P1010302_2.jpg

↑家のテラスで寛ぐ野良ネコ。ほんとは野良じゃなく、本宅が近所にあるはずですが
この寛ぎっぷりはすごい。


P1010269_2.jpg

P1010322_2.jpg

↑全然関係ないですが、我が家の愛猫。
栗のシーズン中は私と一緒に実家にお世話になっていました。


実家からの朝焼け_2

↑家から見た朝焼け。すごくキレイです。
ほんとに今年は、天候にも恵まれた収穫でした。


これにて、2012年の収穫レポートは終了です。
ありがとうございました!
また来年もよろしくお願いします。




[ 2012/11/01 13:35 ] 収穫レポート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)