FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  収穫レポート

2017年収穫レポート

最近寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

栗の収穫が終わってから一か月がたち、
結局、収穫前に身構えていた台風ではなくて、
十月末、関西地方にも被害をもたらした台風21号が
最も風雨を体感した台風となりました。
何とも季節外れな気象に、拍子抜け半分、畏れ半分、といった感じ。
来年以降も、こんなふうに読めない気象に振り回されるんだろうなあ。
そればっかりは自然の営みで、致し方ないことなんですが…。


さて、今年の栗の収穫を振り返ってレポートを書きたいと思います。

まず、収穫量ですが、和栗130キロ、利平栗17キロ でした。

去年の記事を見返してみてびっくり、
去年は和栗65キロ、利平栗は計上なしなので

ちょうど倍、利平栗は倍以上 の収穫量です…!!

倍か…!ほんとすげえなあ…!
確かにたくさんなってるなーとは思っていたけど、そこまでとは。。

なんでそんなにたくさん採れたんでしょう??
台風が来なかったのは大きい。あと、日照りも十分あったと思う。
あとは個人的には、一昨年の台風で、倒れなかった木にもけっこうなダメージがあったのが、
二年かけて修復されて、木の勢いが出ていたなー、と思っています。
特に利平栗。一昨年と去年と全くだったのが、今年はほんとにたくさん実がつきました。

今年は他の地方も豊作でしたね。
東日本のほうはよくわからないのですが、西日本は、有名な生産地は軒並み豊作だったと思います。
栗の収穫が終わってからも、いまだに、スーパーで栗を見かけますし、
保存されている栗が出回っているということで、不作の年にはありえない光景…。
なんとなくですが、台風などでピンポイントにダメージを受けない限り、
西日本の生産地は、豊作か不作かは足並みが揃うのかな、という印象です。

栗の収穫に関しては、量が増えて本当にうれしかったのですが、
販売方法にはいろいろと改善点があるなー、と感じています。
まず、9月1日から予約開始にしていたのですけど、
ちょっと早すぎるのかな、と感じました。
利平栗の収穫量が読めず、利平だけ後から販売開始にしたんですが、
なんだかややこしく、わかりにくい感じになってしまって…。
和栗も利平も足並みそろえて、9月中旬くらいから予約受付したほうがスムーズかなあ、と思いました。

あと、支払い方法が、
やっぱりクレジットカード払い(paypal)が、わかりにくい感じになってしまい…。
注文したその場で決済できるシステムの方が、どうしたってわかりやすいですよね。。
予約時のクレジット決済に関しては、コスト面と、
あとは、不作とかでお送りできる量が変わってしまう(=料金が変わってしまう)状態が
クリアできれば、導入したいなあーとずっと思っているのですけど、
その二つの問題が大きすぎて、当面難しそうな感じです…。
いっそ、栗が落ち始めてから受付したらいいのかなあ。
しばらく考えてみて、また何か決まりましたらお知らせいたしますね。

前の記事にも書いたのですが、
今年は、以前から買ってくださっていた皆様がまた買って下さる場合が多くて
本当に嬉しかったのですが
その反面、初めて買って下さったかたは少なめでした。
やはり送料が別になって高くなったからか、
あとは、宣伝関係の問題か…。

あまり宣伝に力を入れても、採れる栗の量が少ないので(涙
当面は考えていないんですが、
これから収穫量が上がっていく予定のオガタマ栗農園としては、
今後、新規開拓の方向も視野に入れていかなくてはいけない…!と思っているところです。

また、来年に向けて、これから剪定と、
テッポウムシ対策、草刈り、と
作業が続いていきます。
また来年、さらにたくさん栗を収穫して、
さらにたくさんの皆様に手に取っていただけるよう、頑張ってまいりますので
また来年も、オガタマ栗農園の栗をよろしくお願いいたします。

最後に、収穫時の写真を一枚。
似たような写真を前も載せていますが…。
この選果台が、こんなにいっぱいになることなど
(そして、この一杯加減が何回も続くことなど)
いったい何年ぶりだろう!?という感じだったので
本当に嬉しかったのでした。

P_20170929_110224_vHDR_Auto.jpg





スポンサーサイト



[ 2017/11/13 23:04 ] 収穫レポート | TB(0) | CM(0)

2016年収穫リポート

2016年の栗収穫リポートです。
今年の収穫量は、利平栗は計上なし、
和栗は65キロ でした。

去年の収穫量は、和栗49.5キロ、利平6キロなので、
特に和栗に関しては、去年、台風で木が6本倒れてしまっているという状況では
かなりいい数字なのではないかと思います。

私も数日、栗拾いの手伝いに行ったのですけど、
今年はとにかく、一つ一つの栗が大きくて奇麗でした。
おそらく、収穫した栗の個数としては、去年と同じくらいだと思うのですけど、
栗一つ一つの大きさがかなり大きくて、きれいで虫食いもないし、
小さすぎたり、あとは虫食いだったりして廃棄になる栗がほんとに少なかったです。

大きくなった理由としては、
やはり一番は、日照が十分だったことでしょうか。
栗に日照りは必要不可欠なのですけど、
今年は本当に文句なく日が照ってくれたので、有難かったです。

1475979673766.jpg

上の写真は、収穫した後の栗です。
比較対象がないのでわかりにくいかもしれないのですが、
栗の粒ひとつひとつが大きくて、奇麗に光っているのがわかりますでしょうか。



去年、2015年も、栗農園界隈では、本当にいろんなことが起こった年でしたけれども、
今年、2016年も、本当にいろんなことが起こりました。
一番はもちろん、熊本地震です。
今回熊本に行ったときも、あちこちで熊本地震の爪痕を眼にしましたが、
個人的にかなり衝撃を受けたのが、栗畑近所の地域でした。

P1020618.jpg

上の写真は、栗畑の近所、「土鹿野(はしかの)神社」です。
地震の影響で、鳥居が無残にも壊れているのがわかります。

実は、この土鹿野神社について、
2014年に写真を撮っていて、このブログにも載せていました。
その写真が以下です。

P1020329.jpg

写真を掲載させていただいた記事はこちら、「2014年度栗総括、その2」です。
こうやって並べてみると、
本当にほとんど全部、地震によって壊れてしまったんだな…!ということがよくわかります。

この、土鹿野神社の近辺は、
「平井戸」と呼ばれ、水の名所として有名です。
ただ今回の熊本地震で、近所の家が全壊・半壊しており、
あちこち見た感想では、最も被害がひどかった益城近辺には及ぶべくもないですが
その状況に肉薄するほど、被害がひどいのでは…という印象があります。

今回、私が熊本に入ったのは地震から半年後で、
遅ればせながら、あちこち見させてもらったのですけど、
まだまだ地震の爪痕は濃く、
復興作業もまだ佳境でした。

今後も、熊本の復興に興味を向けてほしいと思いますし、
地震から復活しようとしている熊本の行く末を見守っていただけたらいいなあと思います。
その復興の一助…になれるかどうかはわかりませんが、
私ども、オガタマ栗農園も、まず栗の木を守って収穫量を増やすのはもちろん、
あとは栗畑の様子や、さらに周辺の様子を伝えることで、
熊本の復興と発展に、微力ながらお手伝いできたらいいなあ、と思っています。

2016年、オガタマ栗農園の栗を購入いただいた皆様、
また、当ブログをご覧いただき、応援いただいた皆様、
本当にありがとうございました。
また来年以降も、オガタマ栗農園をよろしくお願いいたします。





[ 2016/10/23 23:30 ] 収穫レポート | TB(0) | CM(0)

2015年度栗収穫リポート

10/3、4の週末で、栗の収穫が全て終了したと連絡がありました。
発送も全て終了しています。注文いただいた皆様、ありがとうございました!

私もほんのちょっとだけ畑を見に行きましたが、
やっぱり今年は、なんといっても台風の被害で収穫量が落ち込んだのが最大の特徴。

発送量の合計は
和栗49.5キロ、利平栗6キロでした。

去年は和栗60キロ、利平20キロとの報告なので、不作だった去年をさらに下回っていますね…。
余分に採れたら欲しいと仰っていただいた方も多かったのですが、全くお渡しすることができませんでした。残念です。

まず、利平が6キロって…!!!
10キロくらいは採れるだろうという我々の予想を軽々と裏切り、まさかの一ケタ。
余分に採れたら欲しいと仰っていただいた方にお渡しできないのはもちろん、
注文して頂いた方にも、希望量お送りすることができず、
発送量の変更をお願いするケースも出てしまいました。
大変申し訳ありませんでした…。

利平の木が一本倒れてしまったのと、
あとはやっぱり、利平は一つ一つのイガが重いので、風に弱いのかなあ…という印象です。
近所の栗畑でも、利平はほんとに全く落ちてなかったし…。

来年は、風が吹かないよう祈るのはもちろんですが、
折れた木から芽吹いて実がなってくれたらいいけれど。。
状況によっては、数年単位で少量しか採れないかもしれないなあ。戦々恐々としています。

和栗も去年より収穫量が落ち込んでしまい、
やはり、発送量変更をお願いするケースが出てしまいました。
ほんとに、大変申し訳ないです…。
注文いただいた分は送りたいと思っていたのですが…。
ただ、数量変更はあるにせよ、注文分は送ることができたので、それが救いです。

栗の実に関しては、去年に比べて「割れた栗が多い」という印象でした。
去年のような、長雨で発育していないような感じではなかったのですけど、
やっぱ、台風で生き残った栗の木にもダメージがいっていたんですかね。。

木の幹や、枝も、風の吹いた方向に見事に曲がっていて、
こっちからこっちに風が吹いたんだ、と一目でわかる状態だったんですよね。
やっぱ、折れこそしなくても、幹や枝にかなりのダメージはあったはず。
そんなダメージの中、これだけの収穫ができたのは、むしろ凄いことだと感じています。
剪定や肥料など、手をかけたぶん返してくれたんだなーと思います。

来年に向けて、いい材料だったのが、
これまでほとんど収穫のなかった「下の畑」が、良い栗をそこそこ落としてくれたこと。
去年、おととしくらいから、肥料や剪定にも気を配り、
周囲の木を切って日当たりを良くしたり、いろいろやってきたのが実を結んだ感じ。嬉しいなあ。
何より日当たりが良くなったのがよかったのかな。
畑に行ったときに、日当たりももちろんですが、空気の停滞感?がなくなっているように思ったのと、
地面がいつもより乾燥しているなと感じたので、日照以外にも、いろいろ良い影響を与えているのかもしれません。

下の畑の木は、環境が良くなったおかげか、急に大きくなった感もあって、
冬にしっかり剪定したはずだけど、かなりもさもさに伸びていたので、
今年もばさばさ剪定していこうと思っています。

最後に、少ないですが撮っておいた写真です。

2015収穫_2


一日分の栗収穫です。これで5-6キロくらいかな。これから磨いて選別します。量は少ないですが、大粒できれいなものが採れました。

2015向かい側畑被害_2

上の畑の、向かいにある畑の様子。大きな栗の木が無残にも折れてしまっています。

2kg写真_2

ネットショップに載せる写真を撮ってきました。上の写真は2kgのめやすです。


皆様、今年度も栗を注文いただき、
また、当農園とブログを応援いただき、誠にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。




[ 2015/10/07 23:42 ] 収穫レポート | TB(0) | CM(0)

栗の収穫はゆっくり、少しずつな感じです。

この二日、私も熊本に赴き、栗の収穫と、栗畑の様子確認をしてきました。

まずびっくりしたのは、台風15号の被害。
凄かったです。ウチももちろん被害はあったんですけど、もっと酷い、ほとんど全滅のところもありました。
栗の木自体が大きいので、根元からポッキリというのは少なかったですが、
枝はことごとく折れてる木がたくさんありました。。

うちの畑は、もう折れた木や枝は片付けられていましたが、
折れた枝が片付けられずにそのまま放置のところも多かったです。
被害が大きかったのと、すぐに収穫シーズンに入ってしまったから、
十分に片付ける労力と時間がなかったんだろうなあ…。という感じでした。

生き残った木や枝も、明らかに曲がっているものが多くて、それにもびっくり。
こんなに曲がったけど生き残ったんだ、すごい…!と切実に思いました。
何とか台風に耐えて実をつけてくれて、本当によかった。

収穫量についてですが、今のところ、注文や問い合わせいただいてるキロ数で
ちょうどかな…といった状況です。
もし収穫量が多かったら、また再販売しようと思っているのですが、再販難しいかなあ…。
万一再販できそうなときはこのブログにもお知らせしにきますので、よろしくお願いいたします。

最後に、栗の選別中の写真を。

3776.jpg

左のカゴに入っているのが、発送予定の栗ですね。
やはり大きな栗はピカピカ光って、本当にきれいです。
利平栗はさらに輪をかけてきれいに光るのですが、今年はかなり収穫量が落ちてしまっています…。
少しでもたくさん収穫できますように。。
[ 2015/09/27 00:02 ] 収穫レポート | TB(0) | CM(0)

2014年度栗収穫総括、その2

まず、栗とは全然関係のない入りですが、
今日から始まる日本シリーズ、ソフトバンク対阪神戦が楽しみです。
うちの家族は熱烈なソフトバンクファンなので、家もこれ以上ないくらい沸いています。

気づけばもう日本シリーズ、10月も終わり。
確か一か月前、栗の収穫の全盛期は、優勝をかけてレギュラーシーズンを戦っていたことを思い起こせば、
ほんとうに一カ月くらいが経つのはあっという間ですね。

しばらく前のことになりますが、今年の栗収穫を振り返って
写真もいくつか撮ってきたので、残しておこうと思います。



以前の記事でも、今年は不作だと書きましたが、
今年はなんといっても、青いまま落ちてくる栗が非常に多いという印象でした。

P1020319.jpg

上の写真は、熟す途中の栗です。
緑色のイガが、半分くらい茶色になっていますね。
例年なら、もっと熟して、ほぼ茶色になってから落ちてくるのですが、今年はこれくらいで落ちてくるイガが非常に多かった。
下手したら割れ目もできていない真緑のイガもごろごろ落ちてきて、もちろん食べられる栗は入っていませんし、
拾う栗も、かなりの割合で若すぎる栗が混ざってしまっていました。

P1020325.jpg

上の写真、並べられている栗のお尻の部分が真っ白なのがわかりますでしょうか?
本来ならもっと熟して、うす茶色になってから落ちてくるのですが…。

この若い栗も、置いておいたら、熟してそれなりに食べられるんですが、
でもやっぱり、木の上で完熟したわけではないので、美味しいかどうかは疑問なんですよね。
出荷用の栗には、お尻が白いものは混ぜないようにしていました。

イガの数としては去年と同じくらいあったのに、
結局出荷できる量としては、前回報告したとおり、かなりのダウンとなってしまいました。



あと、けっこう痛かったのが、木が一本倒れてしまったこと!

P1020322.jpg

テッポウムシで幹を食い荒らされたのが原因のようです。
写真では、大きな枝だけが折れていますが、残っていた枝も枯れていて、そのうち折れてしまったらしいです。
もう幹を支えられなかったんですね。。
何年もかけて育った木が倒れるのを見るのはほんとに悲しい。イガもたくさんつけていたから余計です。

P1020323.jpg

テッポウムシ被害にあった部分。
木酢液を入れたりして駆除につとめましたが、やはり難しいよう。恐るべしテッポウムシ。
来年は木の幹に卵を産まれないよう、ネットを巻きつける計画が進行中です。



今年は実りに恵まれなかったシーズンとなりましたが、
出荷できた栗に関しては、美味しかったと感想をいただき、
ほっと胸をなでおろしております。

来年も、もっといい栗をたくさん作ってくれるよう、木とお天道様に祈りつつ、
畑の世話を焼きたいと思っていますので、
心に留めていただけると大変嬉しいです。



最後は、畑の近くにある小さな神社からです。

P1020329.jpg

「はしかの神社」と呼ばれています。
このあたりの地名を、家族が「はしかのばる」と呼んでいるのは知っていたんですが、
どんな漢字なのか、最近知ってびっくり。

P1020330.jpg

土鹿野神社、
しかも、「土」にテンがついています!!
このあたりの地名「土鹿野原」は、古くは「土」に点がついていたらしい。旧漢字というやつでしょうか。
「はしかのばる」「はしかのばる」と耳では聞いて覚えていたんですが、こんな漢字だったなんて、
いつになっても新しい発見があるなあ…と、新鮮でした。

[ 2014/10/25 16:40 ] 収穫レポート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)