FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  田舎暮らし

明けましておめでとうございます

オガタマ栗農園のブログをご覧の皆様、こんにちは。

そして明けましておめでとうございます。

私共は年末年始は栗畑でかなりの作業をこなし、その延長か、親戚の所有する雑木林の手入れにまで出かけたりもしました。

この時期の栗畑における作業といえば、ほとんどは栗の木の剪定作業(延びすぎた枝を切る作業)と害虫対策と畑を耕すこと、これの繰り返しです。

もう少し暖かくなってきますと、これに草刈が加わります。

今回は栗の木の剪定を集中的にしまして、だいぶ畑もすっきりとしました。

高い所が苦手な私も三段くらいの小さな脚立に上って枝を切りましたよ。

栗の収穫真っ盛りの時期は、上を見上げても生い茂った葉と栗のイガしか見えないこの畑ですが、剪定を終えたこの時期だけは広い空を仰ぐことができます。

剪定に関するご報告はまたの機会にさせて頂くことにしまして、今回は前回の秋の風物詩の続編、当農園の冬の風物詩をご紹介致しましょう。(前回の記事はこちらです)

それはこちら!

薪ストーブ


薪ストーブです。

燃えているのは本当の炎です。

ご覧の通り、ネコもお気に入りです。

それはいいけど何を唐突に、と思われるかもしれませんが(笑)、実はこれは栗畑と大いに関係があるのです。

薪にしているのは当農園の栗の木です。

栗畑の木を切ったと言いますと、切った枝はどうするのか、と疑問に思われる方もおられるかもしれませんが、小さい枝は畑で燃やしまして、大きめのサイズの枝は家に持ち帰って冬の間の薪ストーブの燃料にするのです。

納屋にはたくさん栗の枝が積み上げられてあります

薪樹


栗の木というのは薪ストーブの燃料として適しています。

正確に言えば、栗の木のような「落葉樹」が燃料に適しております。

理由はいくつかあると思われますが、代表的なものはやはり、針葉樹と異なり油分が少ないということでしょう。

近所に別荘を建てた方が、薪ストーブの燃料として栗の枝がちょうど良いから譲って欲しい、と持ちかけられたことをきっかけに私たちも薪ストーブという物の存在を知るようになり、幸運にも設置することができました。

余談ではありますが、このストーブの頑丈さは尋常ではありません。何しろ重さが200キロもあります。

設置して下さった方曰く、地震で家が倒壊してもこのストーブは生き残るそうです。

いざとなれば金庫としても使えます。

煙は屋根についている煙突から外に出されます。

冬には屋根に上って煙突の掃除をするのが、当農園の独特の冬支度です。

ところで、先の記事で、石垣から見上げる立派な銀杏の木の写真を掲載しました。(記事はこちらです。)

あの銀杏の木は石段から見上げるのも、境内の奥から眺めるのも素晴らしいものですが、この屋根の上の煙突から眺める姿が最も素晴らしいのではないかと思います。が、冒頭にも書きました通り私は高い所が苦手なので、実際に見たことはありません(苦笑)

ちなみに境内の奥から眺めるとこんな感じです。

しょうさん寺


まだまだ、寒い日が続きますね。
でも、冬来たりなば春遠からじ。

当農園がある熊本も寒さの厳しい場所ではありますが、冬も元気に乗り切って、栗畑を一歩も二歩も前進させる意気込みでございます。

今年もオガタマ栗農園をよろしくお願い申し上げます。
[ 2013/01/07 23:01 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)

栗農園近辺の私的パワースポット

オガタマ栗農園ブログをご覧の皆様、こんにちは

久しぶりに農園がある九州からの更新です

先の記事にも書いておりました通り、今年の収穫も無事に済ませることができました

本当に今年は多くの方々に栗をお届けすることができ、かつてない充実感を感じております

また来年も今年以上に多くの方に、今年以上の良質の栗をお届けすることができるよう、最善を尽くして参りたいと思います

さっそく来期に向けて栗畑のメンテナンスを始めておりますが、そのことは以降の記事でお伝えすることにしまして、ちょっと今回は、この時期ならではの農園付近で見られる風物詩をご紹介致します

それはこちら!!!

いちょう


この木を見上げる誰もが圧倒され、言葉を失います

樹齢ももはや分かりませんが、私の予想では最低でも500年くらいだと思います

晩秋を迎えると地面がこのイチョウの木の葉で埋め尽くされ、この木の葉が全部落ちたら、秋も終わったことを実感します

農園がある熊本の一帯はイチョウの巨木がたくさん見られます

ところで「巨木」とはどこで決まるかご存知ですか?

国の基準でいう巨木とは幹周りで決まります

高さが130センチの地点において幹周りが3メートル以上あれば「巨木」と呼ぶ、と環境省は定めています

このイチョウは余裕で幹周り3メートルあるでしょうから、日本中に誇れるまさに巨木です

熊本はイチョウの巨木が多い所です

加藤清正の石垣で有名な熊本城は別名を銀杏城といいます

大きなイチョウの木が城内にあるのが理由です

もっと言えば、九州は、なぜか知りませんが巨木に恵まれた地域

日本の巨木上位50件のうち実に半数が九州にあります

栄えある1位は鹿児島県の神社にあるそうですよ

そこを訪れた方のブログに書いてありましたが、その巨木は中が空洞になっているそうなのですが、その空洞の広さは、何と8畳だそうです!

想像を絶しますね(笑)

ちなみに巨木と言って多くの方が真っ先に思い浮かべるであろう、屋久島の縄文杉は、意外と12位くらいなんですよね

もちろん上には上がいるのが世の常ではありますが、この農園の近くに立つこのイチョウの木も立派なことでは日本中のどの巨木、銘木にも引けをとりません

次回訪れる11月の末にはもう葉は全部落ちていると思われます。

ということは次にこの木の色付いた姿を見るのは、来年の栗のシーズン終了後です

神の宿るこの大樹に、また豊作の報告ができることを願うことであります

[ 2012/11/18 09:29 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)

オクラの花

熊本から送られてきました、オクラの写真です。


SN3V0009_2.jpg

オクラの花、初めて見ましたが、キレイですねえー!
なんか、これまで自分、勝手に
「野菜の花はささやか、派手じゃない(≒そんなにキレイじゃない)」
と、思い込んでました。
目からウロコ、キレイです。

これは、五月の連休に、家の畑に野菜を植えてくれと言われて
じゃあせっかくなんでいろいろ植えましょう、ってことで
いろんな苗を買ってきて植えたもののひとつなんですが、

恥ずかしながら、今まで私
「オクラは植物のどの部分なのか」
ってのを、真面目に考えたことがなくてですね…
今回この写真をみて、びっくりした、というか「げっ」てなったというか。笑

花の周囲ににょきにょき伸びてるやつ、
アレ、全部オクラよね…!?
これは実??それともツボミ??

…調べました。
オクラは、花が咲いたあとの「さや」の部分らしいです。
そうか、この花が咲き終わった後のが、オクラになるのねー…。

それも、若いものでないといけないらしく、
実際、畑になっていたオクラを母が調理してみたそうなのですが
固くてとても食べられたもんじゃなかった…とのこと。
そうか、すぐ収穫しないとダメなのか、
この写真の後ろの奴も、オクラの形してるけど
でっかいし固そうだし、何か違うものに成長してるふうだもんね…

週末しか熊本に行かないので、
こういう、収穫の時期がデリケートな野菜は、なかなか難しいようです。


SN3V0011_2.jpg

これは同じく、畑で採れたカボチャ。
サラダカボチャって種類のもので、普通のと色が違うのを
面白そう、と思って植えてみたんだけど
思ったよりでかい実がなってる…(びっくり

いろいろ野菜を植えるのは、管理も大変ですが
たくさん発見なんかもあって、楽しいですよねえー。

余談ですが「オクラの花」って言葉の響きもいいなー。
歌とか小説とかのタイトルにできそう。
世の中にはたくさん「○○の花」という名前の歌がありますが
「ひなげしの花」とか「サボテンの花」とか、
負けず劣らず、いいタイトルになりそうだな、と思ったのでした。
[ 2012/08/28 00:00 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)

城南町ってどんなとこ?知ってる場所編

栗園のある、城南町について
先日は緑川の記事を書いたので、
今回は、あちこち行くところだとか、よく買うものとか
知ってる場所なんかを書いてみます。

スーパーやホームセンターなんかもけっこうあるので、
そっちで買い物とかすることも多いけど、

城南行くと必ず買い物に行くのは、
JA直売所「さんさんうきっ子」

(特に冬場は)辛子蓮根の「上田商店」

ですねー。

うきっ子は、新鮮な野菜とか果物が、びっくりするくらい格安で売ってるし、
熊本の市街地からもたくさんお客さんが来るらしいぞ。
辛子蓮根ほんとに美味しいです。上田商店も有名な店みたいですね。

あとは、よく買うものは、
馬刺しと、豆腐とかかなあ。

馬刺しは、いわずとしれた、熊本地方の名産ですね。
美味しいですよ、個人的に赤身のほうが好きです。

それから、あのあたりの豆腐は、豆乳の味が強くてほろほろと柔らかくて、
九州の南のほうって、醤油が甘めなんですけど、
その甘い醤油によく合います。
かなり好きだ―(食べたくなってきた…)



あと、あのあたりの地酒で、家でもよく飲むのが
「瑞鷹(ずいよう)」
瑞鷹って、今回調べてみてわかったけど、会社川尻にあるんだなー。
川尻は城南からも近い場所で、刃物が有名な土地ですが、酒造もあったとは。

あとは、城南町にある酒造としては、「美少年」の銘柄が有名ですよね。
一時期は、銘柄の消滅も心配されたけど…
以前のトラブルから経営が変わったみたいで、今は酒造の名前を変えて、
同じ場所でお酒を作っているようです。



いわゆる観光スポット的な何かは、パッと思いつかないんだけど
(≒あんまないんだろうな…)

古墳がけっこう有名みたいで、近くにも
塚原古墳公園 があります。

小さいときに一度行っただけだったので、こないだまた行ってみたんですが
なんか工事中?メンテ中?で、工事車両があちこち走ってて、よくわからず…汗

ここの入り口のとこ、天文台がある、って看板に書いてあるんですよねー。
家からでも、すごく星がキレイに見えるから、天文台から見る星はさぞかしキレイだろうと思って
一度場所を探しに行ったことがあるんですが
よくわからなかった…汗

また懲りずに、天文台探して
星を見に行きたいなあー、ってのが、ひそかな望み。

あーなんか記事書いてたら城南行きたくなりました笑
いいとこですよー、
今時期は暑くて死にそうですがねー…
(日本全国どこでもそうかもしれませんが)

栗が熟して落ちてくる時期も、まだまだ暑いけど
朝晩は涼しくなって、虫の音がうるさいくらいだろうな。
また行くのが楽しみです。
[ 2012/08/25 00:00 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(2)

城南町ってどんなとこ?緑川編

オガタマ栗農園がある、熊本市南区城南町 って
どういうところなんでしょうか。

と、紹介記事を書き始めてみたものの、
実際のところ、私は城南町には住んだことがなく、
四季おりおり(特に秋)、通っているだけなので
よくわからんっちゃあ、わからんのだけど…

まあ、とりあえず、通いもん目線なりに
知ってる場所なんかをちょこちょこ紹介してみようと思います。



城南町は、少し前まで熊本市じゃなくて
熊本県下益城郡 という住所だったんですが、
最近市に統合になりました。

これで何が変わったのか、税金やらなんやらはよくわかりませんが
周囲にある住所書いてあるプレートなんかは一斉にキレイになったので
やっぱすごい大ごとだったんだろうな…と、通いもんながら思っているところです。

そうねー…
まあ、一言でいうと、(ド)田舎です。
「市」って名前がつく場所は、ある程度集落ぽい建物が集合している場所なんだろう、
とか思ってたのは偏見だったな、と思い直してるところです。

特に、ウチがあるのは鰐瀬ってとこなんですが
そこは城南町の中心部からもさらに外れ、畑ばかりの
牧歌的な風景が広がってます。
昔から全く変わらぬ田舎っぷり、いや、自然たっぷりでいいとこですよ~。

昔に比べて、中心部(隈庄とか宮地とか呼ぶみたい)のあたりは
店も増え、大型スーパーやホームセンターもできて、便利になりましたねー。
あとは嘉島のほうに、イオンモール熊本ができたから
大体のものはそこで買えるし、ちょっと遠出したら熊本市のほうも行けるし、そんなに不便はなくて、いいですよ。



自然の多い、キレイなところですが、とくにシンボル的な存在なのは
緑川かなあ。

城南町と熊本中心部の間を流れている川で(ものすごくざっくりな説明ですが)
とにかく、何をするにも渡ることになるんですよね。

福岡方面から高速で城南に行くにも、
熊本駅から城南に行くにも、
城南の家からイオンモールに行くにも、


必ず、どこかしらの橋を渡って、姿を見る川で、
私たちにとっては川を眺めるのがもう日課みたいになってるふしがあります。

川もすごく表情があって、ほんとにきれい。
この前「田舎の風景も記事書きたいから送って」と言ったら
緑川の写真が送られてきたのも、まあそうだよなあって思いました。
貰った写真もきれいです。

橋から見た、緑川の上流(送られてきた写真のタイトルから受け売り)
緑川(上流)2

同じく橋から見た、緑川の下流(同じく受け売り)
緑川(下流)2

もう一枚、違う場所より。
緑川2

うーん。ほんとにキレイですねー。

こないだ九州を襲った豪雨では、緑川は辛うじて氾濫しなかったらしいんですけど
(もっと市街部にある白川という川が氾濫したらしい)、
昔は何度か氾濫したこともあったらしくて、そのたびに大変なことになったそうです。
そりゃそうだ…。今だって緑川が氾濫したら、付近一帯タダじゃ済まないよなあ。
それくらい大きくて、影響力のある川です。

今度、源流から河口まで辿る旅とかやってみたいものです。


[ 2012/08/24 00:00 ] 田舎暮らし | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)