FC2ブログ

【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  >  栗雑記

栗畑のテッポウムシ対策と、「薪ストーブの灰」

毎日、寒くなったり、暖かくなったりと、気温の変動が激しいこの頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。体調など崩されませんように。
最近は、毎日近所の紅葉を眺めて目の肥やしにしていますが、
今年の紅葉は、あまり冷え込まないせいか、色づきがイマイチのところも多いようですね。残念です。。

さて、栗の収穫もひと段落して、
栗畑では、毎年恒例となりつつある、テッポウムシ対策中です。
トップページにも記載しているとおり、オガタマ栗農園では、唯一の農薬使用として
収穫後に「キンチョールE」を、テッポウムシのいる穴に一回注入しています。

それまでは、テッポウムシの穴に木酢液を浸した綿を詰める、という方法をとっていました。
曰く、それでテッポウムシが窒息するらしいのだけど、本当なのかなあ…??
ずっとそれで粘っていたのですけど、やはり、これだけではテッポウムシの被害を抑えられない、ということで
去年からキンチョールEの使用を始めました。
キンチョールEは蚊取り線香にも使われる、除虫菊由来の成分なので、
少しでも自然に近いものを、ということで選びましたが、
テッポウムシにはあまり農薬は効かない、と聞いていたので、心配だったのですけど、
やはり一回だけでもキンチョールEを使うと、被害の程度が全然違うとのこと。

もちろん、できたら完全無農薬でいきたいという気持ちはあるのですが、
テッポウムシに関しては、栗の木の死活問題なので、使わせてもらっています。
栗の木が、多少のテッポウムシにはびくともしないくらい大きくなったら、使わなくてもよくなるはずなので、
早く大きくなってほしいと祈りながら作業しています。



さて、今日のもう一つの話題が、
栗の木を使った薪ストーブの「灰」についてです。

冬の間、ストーブを使っている我々からしたら、ストーブから出てくる廃棄物、というイメージの「灰」。
それが入用になってくるジャンルがあって、驚いた、という記事を以前書かせていただきました。
記事はこちらです→「栗・薪ストーブの灰

こちらの記事を見てくださった方から、灰を所望いただきまして、焼き物に使われるそうで。
こんな、こちらでは捨てるしか道がない灰が役に立つなんて…!と、喜んだところなのですが、
つい最近、灰をお分けした別の方から、写真をいただいたとのことで、
何でも「茶室の灰に使っている」そうです。

茶室の灰…!?


茶室炉の灰へ(薪ストーブ排出物)

↑こちらが、いただいた「茶室の灰」の写真です。
茶道については全くの未知なので、いろいろ調べてみたのですが、
お茶を淹れるときに、湯を沸かす「炉」に、灰を敷くみたいなんですよね。
その灰に、いろいろこだわりがあるみたい。ほほーなるほど。
熊本あたりでは、栗の木とか蜜柑の木とかの灰がちょうどいいのかな。

薪ストーブで出た灰は白に近い灰色なのですが、写真の灰は色が黒っぽいですね。
なんでも、お湯を沸かすときに使う炭の、火が点いた赤が映えるように、灰に色をつけているそうな…!!
色付けにお茶の葉を使っているとか何とか。。。
お、奥が深い…!!

すごいですねー。ほんとに凄いです。
何というか、栗の木もすごいし、
それを灰まで有効活用する、日本の文化が凄いです。
栗は、春から夏、芽吹いて花を咲かせ、葉の青で畑を彩って、
秋は美味しい栗を実らせ、
冬は、剪定した幹や枝が薪ストーブの材料となって、暖を提供してくれて、
そして燃えた後の灰が、陶器や茶室に華を添えるんですよ。
いやほんとにすごいわ。。

今年も薪ストーブはフル活動の予定です。
燃えた後の灰も、有効活用すべく、捨てずにとっておきます。
栗の木がいろんな形で活用されたら、ほんとに嬉しいです。






スポンサーサイト



[ 2016/11/18 22:04 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)

氷温貯蔵のゆくえ

栗を美味しい状態でできるだけ長く保存したい、
できたら正月くらいに、皆様のもとにお届けしたい!
(※注:栗のシーズンは熊本では10月頭までです)

 …と、いう野望をもって半年くらい。
「氷温保存」というキーワードに出会い、氷温なら長期の保存ができるかも…!と、ゼロ度での保存が出来る冷蔵庫を購入した、という記事を書いたのが、去年の夏くらいです。
(記事はこちらです)

その氷温保存、今年、余った栗を使って試してみました。

P1020249_2.jpg

とにかく、乾燥させてはダメとのこと。
どうしたら適度に湿度を保って氷温で保存できるのか、今回はとりあえず、オガクズに栗を埋め、周囲に適当に水を入れて保存してみることにしました。

2014年の正月。
取り出してきた栗を、茹でて割ってみました。

P1020252_2.jpg

P1020251_2.jpg

結論から申しますと、10月あたまからこっち、2か月半ほど氷温で保存した栗は、問題なく食べられました。
中には傷んでいる栗ももちろんありましたが、食べられる栗のほうが圧倒的に多く、
氷温保存で言われている「甘くなる」効果も、あるように思いました。

ただし、
保存する「場所」が、問題でした…!

今回は、オガクズに水分を含ませて保存しましたが、
オガクズのにおいがうつってしまうんです。

オガクズは、だいたいが針葉樹、スギなどの木の粉です。
スギなど針葉樹は、どうしても独特の匂いが強いので、
その匂いが栗にうつってしまって、せっかくの栗の風味が台無しになってしまったのでした。。。

うーん、どうしたらいいんだろう。

どうしたら、においをうつすことなく、栗を保存できるのか。
栗をそのまま氷温冷蔵庫に入れてしまうと、ものすごく乾燥してしまい、スカスカになってしまいます。
正月に食べるどころではなくなってしまうので、オガクズを使って保湿できたこどが、今回、栗を正月にも食べられた大きな要因ではあったのですが、
ただ、針葉樹のオガクズではどうしてもにおいがきついので、栗ににおいがうつってしまう。
針葉樹のオガクズを使うことなく、適度な保湿をしたい…!

それには、いくつか改善案があって、
・広葉樹(栗ならベスト)のオガクズを使う
 →入手困難…!家で栗の木を切るときの栗オガクズを集める、というのは一つの案だが、なんにせよ手間がかかる
・別のものを使って保湿する→綿とか??

など、いろいろ考えている最中でございます。
また、新しい方法を試してみたら、またご報告しますね。
今年もまた、いろいろ試してみて、熟成栗を販売できるよう邁進していきたいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。




[ 2014/02/26 00:53 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)

今年もよろしくお願い致します

あけましておめでとうございます!

2013年は大変お世話になりました。

去年は、通販2年目の年、さらにたくさんのことを学び、これから先やりたいことや
たくさんの目標と楽しみが見つかった1年でした。

栗を購入していただいたお客様にも、暖かい言葉をかけていただいたり
去年から引き続き購入していただいたりと、大変嬉しい思いをいたしました。

今後も、またお客様に喜んでいただくべく、努力していく所存です。

この正月休みも、栗畑の剪定とか、いろいろ畑仕事をする予定ですので、
またご報告いたしますね。


写真は、冬の栗畑です。
こちらは上の畑↓
上の畑2013_2

前年の写真と比べても、とても大きく育っているのがよくわかります。
今年はもっと大きくなって、たくさん実をつけてほしいものです。

こちらは真ん中の畑↓
中の畑2013_2

こちらの木は、今年殆ど全て切り倒し、新しいものと植え替えます。
長年栗をならせてくれていた木だけに、愛着もありますが、やはり世代交代は必要…。
また、歴史を引き継いだ新しい木たちが、栗を落としてくれる日が今から楽しみです。

こちらは下の畑↓
下の畑2013_2

まだまだ木は小さいですが、これから大きく育ち、頼もしい存在となってくれるでしょう。
成長が楽しみです。


三枚の栗畑は、日々進化中です。
またその様子をリポートいたしますね!

今年もよろしくお願いいたします~!

[ 2014/01/01 01:14 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)

看板を作る

「栗農園の看板を作りたい」というのは、去年からずっと家族で言い合っていたことでした。

べつにうちは、栗拾い体験なんかをしているわけでもなし、お客様が来ることもなく
看板なぞなくても何の不自由もないので、
まあ完全に個人的な自己満足なんですが、
なんかやっぱ、看板あったらいいじゃない、いろいろ決まるじゃない!

…というわけで、今年の栗シーズンに間に合うように作り始めた看板。
備忘録もかねて、作る途中を写真におさめました。
完成して掛けた写真は、前にブログにも載せましたが、こんな感じです↓

moblog_aac3a8e8.jpg

東急ハンズで買ってきた板の種類は「栃の木」。
波みたいな木目で、きれいだなあーと思って選びました。
パソコンで字体を決めて印刷し、板に輪郭を写します。↓

P1020204_2.jpg

彫刻刀で彫る。彫刻刀なんて持ったの中学以来ですよ…。
(映りこんでいるのは何かにつけ参加したがるうちの猫です。)↓

P1020206_2.jpg

しっかり彫り上がりました。これから色塗りです。
字と、波みたいな木目が見えるかな?↓

P1020212_2.jpg

色を塗り終わったところ。
色は栗の実の茶色と、まだ若いイガの黄緑で選びました。
思ったよりずっといい感じになってほくほく。出来上がりが楽しみ。↓

P1020219_2.jpg

最後、ニス塗り。
ニスは何回も重ね塗りしては乾かします。こんな感じのハケを使いました。↓

P1020226_2.jpg

完成!
ニスを塗ったら木目が消えるかなーと心配していましたが、
逆にきれいに見えるようになりました。↓

P1020229_2.jpg

何だか、思ったよりずっと存在感のある看板になったんですよね、嬉しかったけどびっくり。
字を彫って色塗っただけだし、作りとしてはものすごシンプルなんですが…。
掛けてみたら目を引いてほんとにすごい。
看板ってこういうものなのかなーとか思いました。

この看板は、栗農園のステッカーにもなって、
通販の箱にも貼らせていただきました!

moblog_63f6cbf8.jpg

ただ、貼るようになったのは後半からなんですよね…。
前半に栗を送った皆様の箱にも貼りたかったです。


看板作りも楽しかったし、ステッカーも楽しかった!
ステッカーは来年もいろいろ作ってみたいなあーと思っています。
看板もまた作ってみたいなあー。
うちの栗の木で作れたら最高だろうなーと思ったけど、
虫食いがひどいし固いし、難しいんだろうなあ…。
いつかやってみたいものです。

[ 2013/11/18 22:58 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)

栗のお菓子

前回に続きまして、当園の栗を使ってくださったご紹介です。

北海道は中標津にある焼き菓子のお店「LAUKIKA」様、
去年と今年、当園の栗をお買い求めいただきまして、
ブログにお邪魔させてもらったら、まあ本当に美味しそうなお菓子の数々。。。

ブログはこちらです!→LAUKIKAだより

先日ブログがアップされまして、とうとう栗のお菓子の写真を拝見。
おいしそう、ほんとにおいしそう…!

いつか、美味しいお菓子を食べに、中標津に行きたいなあーと思ったのでした。

そして、たくさんの方に気持ちよく調理していただくべく
これからも質の良い栗作りに励まなければ!と思いを新たにしました。

LAUKIKA様、ありがとうございました!励みになりました。
これからも美味しいお菓子(の写真)を楽しみにしております。



[ 2013/11/12 23:33 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)