【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TOP

【栗の産直】【減農薬】熊本市南区城南町産の栗を、
産地からご家庭に直送いたします。
販売ページはこちら!→「オガタマ栗農園販売ページ」


facebookページ開設しました。こちらです!→「オガタマ栗農園

2016年の販売受付は終了しました。
2017年の販売受付は2017/9/1、AM 8:00 開始予定です。
お届けは9月末-10月始めの予定です。
詳細はブログ・販売ページにてお伝えします。

【農薬について】
毎年収穫後、幹へのカミキリムシ幼虫対策として
キンチョールEを、幼虫が入っている穴に1回注入しています。
以後、翌年の収穫まで、農薬は使用していません。

【料金改定について】
2017年より、栗料金を送料別とさせて頂くことになりました。
詳細はこちらのページをご覧ください。


ブログ・販売ページをご覧になり
興味をお持ちいただけたら、
ぜひ一度、オガタマ栗農園の栗をご賞味ください!


筑波他(上)[43906]

2016/9/14の「上の畑」の様子。栗の木いっぱいに実がなっているのがわかります。


小屋と調査表1

2016/4/15、熊本地震。
オガタマ栗農園は幸い、大きな被害はありませんでしたが、
小屋の壁に貼られた調査票が、当時の記憶を伝えます。

スポンサーサイト
[ 2037/08/06 17:21 ] TOP | TB(0) | CM(2)

テッポウムシ対策:栗の幹にネットを巻く

栗を収穫しようとしている人間にとって、
同じく、栗を糧にしようとしているライバルは、たくさんいます。

栗の実を食べようとする、イノシシ、コオロギ、その他の小さい虫、
栗の葉につく虫、
栗の幹につく虫。

そしてその中で、我々が一番対応に苦労しているのは、
栗の幹につく「テッポウムシ」、カミキリムシの幼虫です。

なぜテッポウムシが大変かというと、幼虫が木の幹の奥深くに入ってしまうので、
駆除が難しくなってしまうためです。

ただ最近では、栗の収穫後に「キンチョールE」を、幹に注入することで
だいぶテッポウムシの活動を押さえられているとのこと。
そしてそれに加え、最近「効果があるんじゃないか?」と思い始めているのが、
「栗の幹にネットを巻く」ことです。


201704下の畑2

上の写真は、「下の畑」の栗の木に、ネットを張ったところ。
なんでも、カミキリムシは、栗の幹をよじ登って卵を産み、
孵った幼虫が、木の幹を食べて奥に潜り込むそうなんです。

検索して調べてみたところ、カミキリムシが幹につかないよう、薬を塗ったりとか
策はいろいろ練られているようで、
ウチではネットを巻いたらどうか??ということで始めてみたのですが、
キンチョールを使い始めたのとほぼ同時期なので、詳細はわからないながらも
なんか、前より虫がつかなくなっているんじゃない??という実感があり、
しばらく続けてみよう、と、先日ネットのまき直しがされました。

201704中の畑1

上の写真は「真ん中の畑」。
真ん中の畑は、木の植え替えをして今年四年目になります。
写真手前に大きな木が写っていますが、これは以前から植わっていた利平の木で、
その奥、小さい木は、全部植え替えて四年目の若木です。
小さい木にはテッポウムシはつかないので、これまでは放置だったのですが、
そろそろ幹も大きくなってきたし!ということで、今年ネットを巻きました。
今年は収穫ができるかもしれない…!という、期待の年です。

あと一つ残る「上の畑」は、もう植え替えをしてから10年を超え、
樹齢も進んできて、テッポウムシに負けない、太い幹を形成しつつあります。
幹が十分に太くなるまでが、テッポウムシにやられてしまう時期なんですよね。
でも、これ以上やられないように、ネットは巻いてありますよ。

これで、剪定とネットが終わり、冬から春にかけての作業は終わりました。
これからは、芽がでて、雑草も大量に出てくる時期。
そして、うっそうとした畑に、いろんな生き物が(蛇とかも含めて…!)が出てくるので、
夏まではあんまり近寄らないみたいです。
それから草刈りをしたり、耕したりして、
来る収穫に備えます。
ことしもいい栗が収穫できますように!


[ 2017/04/11 23:01 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)

栗料金改定について

ひとつ前の記事でもお知らせいたしましたが、
2017年より、栗料金を改定させていただきます。

和栗 2kg 2000円、3kg 3000円、4kg 4000円 の三種類で、
送料別とさせていただくことになりました。

つまり、和栗1kg=1000円計算となり、
送料は、ゆうパック(チルド料金込み)に準じています。

送料についてなのですが、
栗を入れる箱の大きさによって送料が変わり、

栗3kgまで→【小】箱
栗3kgを超えて、6kgまで→【中】箱 
栗6kgを超える場合→【大】箱


として、それぞれ料金を設定しています。

料金表はこちら↓↓です。

栗送料表

いくつかシュミレーションしてみますと、
東京から、和栗3kgを注文した場合、
栗3000円+送料1390円=4390円

大阪から、和栗4kgを注文した場合、
栗4000円+送料1420円=5420円

と、なります。

特に遠方からの注文の場合、
結果として、かなりの値上げとなり
大変申し訳ない思いなのですが、
何卒ご了承ください。

利平栗について。
利平栗については、 1kg=1500円 の値段設定を予定しています。
ただ、2015年の台風以来、利平の木が一本折れたこともあり
利平の収穫量が落ちており、
そもそも今年販売できるのか、販売できるとしたらどのくらいの量か
皆目見当もついていない状態です。

利平栗の販売については、また結実の状態をみてお知らせいたします。
流動的になってしまい、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただきますよう
よろしくお願いいたします。

オガタマ栗農園
[ 2017/03/20 18:40 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

栗畑作業のご報告と、料金改定のお知らせ

お久しぶりでございます。だいぶ間が空いてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
季節が春に向かっているのは、空気感や肌でよくわかるのですが、
それにしてもまだまだ寒い…!と、厚着する毎日です。

栗畑も、例年と変わらず、
冬に剪定をして、先月、草が生えてくる前に畑を耕しています。
テッポウムシ対策のネットを張る作業も準備しており、これからは
来る春から梅雨、初夏にかけて、芽吹きと畑いっぱいの花を見守り、
小さな栗のイガが生まれてくるのを待つ頃合いです。

さて、今日は、栗畑作業のご報告とともに、重要なお知らせがあります。

2017年より、栗の料金を改定させていただくことになりました。

正確には、栗の料金と送料が別となりました。

これまでは、例えば和栗の3kgですと、
送料込みで3500円だったのですが、
今年から、送料別の3000円とさせていただくことになりました。

オガタマ栗農園のネット販売も、始めて5年が経ち、
幸いなことに、毎年購入してくださるお客様、
欲しいと言って下さるお客様も増えて、
毎年、栗の収穫量をあげようと奮闘している最中でございます。

料金については、はじめ、私どもも一からのスタートなので、
こちらの経験を積ませていただく、という意味でも、送料込みの低価格で設定していたのですが、
やはり、特に遠方からご注文くださる場合の、送料負担が大きく…。

次の記事で、料金について改めてお知らせしますが、
例えば、東京から3キロ購入の場合は、
これまでは3500円で一律でしたが、
今年からは、栗料金3000円+送料1390円で、計4390円となります。

特に遠方からのご注文の方には、料金が上がってしまうこととなり
大変申し訳ない思いなのですが、
栗料金を公平にいただくということも考えて、送料は別ということになりました。
なにとぞよろしくお願いいたします。

また別記事で、料金について詳細にお知らせいたしますので、参照ください。

今後とも、オガタマ栗農園と栗をよろしくお願いいたします。


[ 2017/03/12 19:04 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)

栗畑のテッポウムシ対策と、「薪ストーブの灰」

毎日、寒くなったり、暖かくなったりと、気温の変動が激しいこの頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。体調など崩されませんように。
最近は、毎日近所の紅葉を眺めて目の肥やしにしていますが、
今年の紅葉は、あまり冷え込まないせいか、色づきがイマイチのところも多いようですね。残念です。。

さて、栗の収穫もひと段落して、
栗畑では、毎年恒例となりつつある、テッポウムシ対策中です。
トップページにも記載しているとおり、オガタマ栗農園では、唯一の農薬使用として
収穫後に「キンチョールE」を、テッポウムシのいる穴に一回注入しています。

それまでは、テッポウムシの穴に木酢液を浸した綿を詰める、という方法をとっていました。
曰く、それでテッポウムシが窒息するらしいのだけど、本当なのかなあ…??
ずっとそれで粘っていたのですけど、やはり、これだけではテッポウムシの被害を抑えられない、ということで
去年からキンチョールEの使用を始めました。
キンチョールEは蚊取り線香にも使われる、除虫菊由来の成分なので、
少しでも自然に近いものを、ということで選びましたが、
テッポウムシにはあまり農薬は効かない、と聞いていたので、心配だったのですけど、
やはり一回だけでもキンチョールEを使うと、被害の程度が全然違うとのこと。

もちろん、できたら完全無農薬でいきたいという気持ちはあるのですが、
テッポウムシに関しては、栗の木の死活問題なので、使わせてもらっています。
栗の木が、多少のテッポウムシにはびくともしないくらい大きくなったら、使わなくてもよくなるはずなので、
早く大きくなってほしいと祈りながら作業しています。



さて、今日のもう一つの話題が、
栗の木を使った薪ストーブの「灰」についてです。

冬の間、ストーブを使っている我々からしたら、ストーブから出てくる廃棄物、というイメージの「灰」。
それが入用になってくるジャンルがあって、驚いた、という記事を以前書かせていただきました。
記事はこちらです→「栗・薪ストーブの灰

こちらの記事を見てくださった方から、灰を所望いただきまして、焼き物に使われるそうで。
こんな、こちらでは捨てるしか道がない灰が役に立つなんて…!と、喜んだところなのですが、
つい最近、灰をお分けした別の方から、写真をいただいたとのことで、
何でも「茶室の灰に使っている」そうです。

茶室の灰…!?


茶室炉の灰へ(薪ストーブ排出物)

↑こちらが、いただいた「茶室の灰」の写真です。
茶道については全くの未知なので、いろいろ調べてみたのですが、
お茶を淹れるときに、湯を沸かす「炉」に、灰を敷くみたいなんですよね。
その灰に、いろいろこだわりがあるみたい。ほほーなるほど。
熊本あたりでは、栗の木とか蜜柑の木とかの灰がちょうどいいのかな。

薪ストーブで出た灰は白に近い灰色なのですが、写真の灰は色が黒っぽいですね。
なんでも、お湯を沸かすときに使う炭の、火が点いた赤が映えるように、灰に色をつけているそうな…!!
色付けにお茶の葉を使っているとか何とか。。。
お、奥が深い…!!

すごいですねー。ほんとに凄いです。
何というか、栗の木もすごいし、
それを灰まで有効活用する、日本の文化が凄いです。
栗は、春から夏、芽吹いて花を咲かせ、葉の青で畑を彩って、
秋は美味しい栗を実らせ、
冬は、剪定した幹や枝が薪ストーブの材料となって、暖を提供してくれて、
そして燃えた後の灰が、陶器や茶室に華を添えるんですよ。
いやほんとにすごいわ。。

今年も薪ストーブはフル活動の予定です。
燃えた後の灰も、有効活用すべく、捨てずにとっておきます。
栗の木がいろんな形で活用されたら、ほんとに嬉しいです。






[ 2016/11/18 22:04 ] 栗雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。