【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ

【栗産直】【減農薬】熊本市南区城南町にて栗を栽培しているオガタマ栗農園のブログ。減農薬、安心の熊本産栗を食卓にお届けするべく奮闘中です。
【栗産直】【減農薬】オガタマ栗農園ブログ TOP  > 

TOP

【栗の産直】【減農薬】熊本市南区城南町産の栗を、
産地からご家庭に直送いたします。
販売ページはこちら!→「オガタマ栗農園販売ページ」


facebookページ開設しました。こちらです!→「オガタマ栗農園

2016年の販売受付は終了しました。
2017年の販売受付は2017/9/1、AM 8:00 開始予定です。
お届けは9月末-10月始めの予定です。
詳細はブログ・販売ページにてお伝えします。

【農薬について】
毎年収穫後、幹へのカミキリムシ幼虫対策として
キンチョールEを、幼虫が入っている穴に1回注入しています。
以後、翌年の収穫まで、農薬は使用していません。

【料金改定について】
2017年より、栗料金を送料別とさせて頂くことになりました。
詳細はこちらのページをご覧ください。


ブログ・販売ページをご覧になり
興味をお持ちいただけたら、
ぜひ一度、オガタマ栗農園の栗をご賞味ください!


筑波他(上)[43906]

2016/9/14の「上の畑」の様子。栗の木いっぱいに実がなっているのがわかります。


小屋と調査表1

2016/4/15、熊本地震。
オガタマ栗農園は幸い、大きな被害はありませんでしたが、
小屋の壁に貼られた調査票が、当時の記憶を伝えます。

スポンサーサイト
[ 2037/08/06 17:21 ] TOP | TB(0) | CM(2)

栗の成長は今のところ順調です

お久しぶりの記事です。皆様、暑い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
西日本は、毎日暑い日々なんですが、
関東地方は、雨がちのすっきりしない日が続いているらしい、ということを、最近知りました。
そうだったんですね…!暑すぎるのも嫌ですが、じめじめと雨がちなのも困りますよね。

さて、栗農園のある熊本は、毎日ほんとうに暑いです。
暑いですが、この暑さと日照りこそが、いい栗が育つ必要十分条件。
雨もよく降って、栗がよく育つ条件はクリアしているのですが、
この時期になってくると、台風が心配で心配で、気が気でなりません。(毎年のことですが…。)

先日、西日本から東日本まで縦断していった台風五号は、
熊本はなんとか逸れてくれて、ほとんど被害はなかったとのことでした。
(私が住んでいる大阪は、珍しく台風の通り道になり、かなり吹きました…)
台風の被害があった皆様、集中豪雨などで大変な状況も多数あったようです。
少しでも早い復興をお祈り申し上げます。

今のところは、何とか、本当に何とか…!といった感じで、台風の直撃を免れている熊本ですが、
台風が発生するたびにやきもきしている我々の心配をよそに、
栗は順調に育って結実しています。

557.jpg

↑上の写真は、先日、畑の様子を見に行ってくれた家族に撮ってきてもらった写真です。
太陽の光をよく浴びる場所に、たくさん栗の実がついているのがわかります。
栗の実ってほんと、外側に、光を浴びる場所につくよなあー、とは、前から思っていたけど
こういう写真を見ると、本当によくわかりますよね。

なんかこう、枝葉が広がって、日立のCMの「この木なんの木~」みたいなのに出てきそうだけど、
よくよく見たら、後ろの木と重なってそういう感じに見えてるだけなんですよね。
地面から伸びている雑草の勢いもすごい。
今回は「上の畑」の写真を送ってもらいましたが、
「真ん中の畑」「下の畑」は、雑草が茂りすぎて、奥まで入れない、と連絡が来ました。

畑の雑草などを管理している父からは、
「近々草刈りをしてきれいにするので、その後の写真を載せてほしい」と、要望が来ましたが、
でも、それもまだ後になりそうなので、現時点での写真を載せちゃいます。
そろそろ栗販売の予約受付も始まるしね、
今栗畑はこんな感じ!という写真をぜひ載せたかったので。

今年も、9月1日、金曜日の朝8時から、栗の予約受付を開始いたします。
今年は、栗の料金体系が変わり、送料別になって
特に遠方からのご注文の皆様には、申し訳ない思いですが、
もしよろしければ、ご注文いただけると幸いです。

料金が変わっているので、
また直前に、説明も兼ねてブログ記事を更新しようと思っています。

あと、利平栗について、
現時点では、あまり実もついていないような、という報告を受けています。
残念ですが、今年も販売なしになるかもしれません…!
本当に残念です。。。
また決まり次第、お知らせいたします。

また今年も(台風が来ない限り)栗を販売してまいりますので、
購入をご検討いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。



[ 2017/08/17 22:44 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)

GW雑記:オガタマノキが大きくなりました

お久しぶりでございます。最近めっきり暑くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ちょっと前まで寒かったのに、気温の上がり方が急激すぎる…!と、毎年思っています。
そしてもうこれも、GWの毎年恒例…のような気がしなくもないんですが、
一か月近く遅れての(汗)GWリポートです。

今年のGWも、毎年と変わらず、栗畑を耕すのがメインの作業だったようです。
作業自体は例年通り、問題なく終わり、
幹にテッポウムシ対策のネットを巻く作業も終わっているので、
これからしばらくは、畑に行くことはなく、
遠巻きに、花が咲いて受粉するのを見守る、とのこと。

遠巻きに見守るのには理由があって、
梅雨以降、畑は急激にじめじめと湿気が多くなって、
いろんな生き物が出るので、もうわざわざ行くことはしないそうなのです。
その最たるものは、蛇……!
私も何回か見ましたが、すごいですよ、蛇。
蛇と言っても、マムシとかそういう危険な種類には滅多に会わないので、
アオダイショウとか、比較的よく見る種類に遭遇するのですけど、
何がすごいって、存在感がすごい……!
なんだろう?手足のないあの姿で、鎌首をもちあげて、こちらをちろりと見られるだけで、
もう本能的といってもいい、背筋に走る寒気、背をぴりっと正し居住まいを正したくなるような、その圧倒的な威圧感。。

いつも、蛇に出会ったときは、テンパるあまり写真を撮れないので、
次回遭遇する機会があれば、ぜひ撮ってアップしたいと思います。



今回、GWを熊本で過ごした家族から、写真が送られてきたのですが、
その中に「オガタマノキ」の写真がありました。
オガタマ栗農園のシンボルツリー、「オガタマノキ」が、
熊本の家の敷地に植えられたのが、2014年のこと。
今回、写真を引っ張り出して、経過を確認したのですが、
2014年からこっち、驚くほどの成長具合に、目を見張りました。

2014オガタマ2

↑2014年、植えた当初のオガタマノキ。

2015オガタマの木

↑2015年のオガタマノキ。

2017オガタマノキ1

↑そして今回、2017年のオガタマノキ。

年々、年を追うごとに大きくなっていっているのがわかると思います。

2014年にこの場所に植えるまでは、鉢植えにしていたとのこと。
思い立って地植えにしてからは、急激に大きくなりました。

オガタマノキは、何といってもオガタマ栗農園のシンボルツリーですから、
この調子で大きくなっていってくれたら、本当に嬉しいのですけど、
当初、こんな勢いで大きくなると思わず、
梅の木の下に植えてしまい、若干の不安を抱えています。
今後、梅の木に迫る勢いで大きくなるのか、
だとしたら、樹勢によっては、植え替えを迫られるかもしれない…!

いずれにせよ、できるだけすくすくと育つように、
いい場所を提供していきたいと思っています。
オガタマノキは、ちょうどGWのころ、なんともいえぬかぐわしい香りとともに、花を咲かせます。
毎年その恩恵にあずかれるよう、世話をしていかないといけないですね。














[ 2017/06/02 01:50 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

テッポウムシ対策:栗の幹にネットを巻く

栗を収穫しようとしている人間にとって、
同じく、栗を糧にしようとしているライバルは、たくさんいます。

栗の実を食べようとする、イノシシ、コオロギ、その他の小さい虫、
栗の葉につく虫、
栗の幹につく虫。

そしてその中で、我々が一番対応に苦労しているのは、
栗の幹につく「テッポウムシ」、カミキリムシの幼虫です。

なぜテッポウムシが大変かというと、幼虫が木の幹の奥深くに入ってしまうので、
駆除が難しくなってしまうためです。

ただ最近では、栗の収穫後に「キンチョールE」を、幹に注入することで
だいぶテッポウムシの活動を押さえられているとのこと。
そしてそれに加え、最近「効果があるんじゃないか?」と思い始めているのが、
「栗の幹にネットを巻く」ことです。


201704下の畑2

上の写真は、「下の畑」の栗の木に、ネットを張ったところ。
なんでも、カミキリムシは、栗の幹をよじ登って卵を産み、
孵った幼虫が、木の幹を食べて奥に潜り込むそうなんです。

検索して調べてみたところ、カミキリムシが幹につかないよう、薬を塗ったりとか
策はいろいろ練られているようで、
ウチではネットを巻いたらどうか??ということで始めてみたのですが、
キンチョールを使い始めたのとほぼ同時期なので、詳細はわからないながらも
なんか、前より虫がつかなくなっているんじゃない??という実感があり、
しばらく続けてみよう、と、先日ネットのまき直しがされました。

201704中の畑1

上の写真は「真ん中の畑」。
真ん中の畑は、木の植え替えをして今年四年目になります。
写真手前に大きな木が写っていますが、これは以前から植わっていた利平の木で、
その奥、小さい木は、全部植え替えて四年目の若木です。
小さい木にはテッポウムシはつかないので、これまでは放置だったのですが、
そろそろ幹も大きくなってきたし!ということで、今年ネットを巻きました。
今年は収穫ができるかもしれない…!という、期待の年です。

あと一つ残る「上の畑」は、もう植え替えをしてから10年を超え、
樹齢も進んできて、テッポウムシに負けない、太い幹を形成しつつあります。
幹が十分に太くなるまでが、テッポウムシにやられてしまう時期なんですよね。
でも、これ以上やられないように、ネットは巻いてありますよ。

これで、剪定とネットが終わり、冬から春にかけての作業は終わりました。
これからは、芽がでて、雑草も大量に出てくる時期。
そして、うっそうとした畑に、いろんな生き物が(蛇とかも含めて…!)が出てくるので、
夏まではあんまり近寄らないみたいです。
それから草刈りをしたり、耕したりして、
来る収穫に備えます。
ことしもいい栗が収穫できますように!


[ 2017/04/11 23:01 ] 栗畑 | TB(0) | CM(0)

栗料金改定について

ひとつ前の記事でもお知らせいたしましたが、
2017年より、栗料金を改定させていただきます。

和栗 2kg 2000円、3kg 3000円、4kg 4000円 の三種類で、
送料別とさせていただくことになりました。

つまり、和栗1kg=1000円計算となり、
送料は、ゆうパック(チルド料金込み)に準じています。

送料についてなのですが、
栗を入れる箱の大きさによって送料が変わり、

栗3kgまで→【小】箱
栗3kgを超えて、6kgまで→【中】箱 
栗6kgを超える場合→【大】箱


として、それぞれ料金を設定しています。

料金表はこちら↓↓です。

栗送料表

いくつかシュミレーションしてみますと、
東京から、和栗3kgを注文した場合、
栗3000円+送料1390円=4390円

大阪から、和栗4kgを注文した場合、
栗4000円+送料1420円=5420円

と、なります。

特に遠方からの注文の場合、
結果として、かなりの値上げとなり
大変申し訳ない思いなのですが、
何卒ご了承ください。

利平栗について。
利平栗については、 1kg=1500円 の値段設定を予定しています。
ただ、2015年の台風以来、利平の木が一本折れたこともあり
利平の収穫量が落ちており、
そもそも今年販売できるのか、販売できるとしたらどのくらいの量か
皆目見当もついていない状態です。

利平栗の販売については、また結実の状態をみてお知らせいたします。
流動的になってしまい、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただきますよう
よろしくお願いいたします。

オガタマ栗農園
[ 2017/03/20 18:40 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogatamakurinouen

Author:ogatamakurinouen
熊本市南区城南町にて栗を栽培しています。

【産地直送】【減農薬】
美味しい栗をご家庭へ直接お届けするべく、奮闘中です。

販売サイトはこちらです!

※例年9/1より、栗販売の予約開始予定です。
お届けは9月末~10月上旬の予定。
収穫出来次第、注文いただいた順にお届けします。

ブログランキングに参加しています。
是非クリックお願いします!大変励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

メールアドレス:ogatamakurinouen☆gmail.com
(☆を@に変更お願いします)